ホーム > 茨城で暮らす > 男女共同参画・女性・青少年 > 男女共同参画 > 男女共同参画事例紹介(個人)

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

男女共同参画事例紹介(個人)

チャレンジ事例

2013vol.63(PDF:2,896キロバイト)

  • 門奈佐さん(株式会社リーゾ代表取締役)

女性の社会進出が少ないとされる理系分野において、研究開発を柱に起業し、女性の社会参画の途を広げた。

2012vol.62(PDF:4,854キロバイト)

  • 三村子さん(ルーピスト代表)

自宅にて、ベビー用布おむつの輸入販売と中古買い取りを行うネットショップを開業し、運営している。

2012vol.61(PDF:5,493キロバイト)

  • 根本茂子さん(有限会社ミズプラン代表取締役)

販売促進ツールの制作や商品企画等のコンサルティングや企業ブランディング事業などを行う会社を立ち上げる。「ミズ輝業塾」を主催し、起業したい方、現在の事業をよりステップアップしたい方に対し講座等を開催している。

2012vol.60(PDF:673キロバイト)

  • 京川さん(サッカー選手)

女子サッカーの日本代表メンバーとして出場し優秀な成績を収め、女性の参加が少ないサッカーの分野において活躍している。

2012vol.60(PDF:673キロバイト) 2013vol.63(PDF:2,592キロバイト)

  • 山崎穂さん(農業)

有機農法による安全・安心な米の生産及び販売を行いながら、小学生を対象とした食育活動を行っている。

2012vol.60(PDF:468キロバイト) 2103vol.63(PDF:2,896キロバイト)

  • 有野真由美さん(PitStopつくば北条代表)

サイクリストをサポートする多機能ステーション「PitStopつくば北条」を設置し、飲食・情報・交流の場を提供している。(H21チャレンジ支援セミナー受講者)

支援室だよりvol.10(PDF:149キロバイト)

  • 今井子さん(マーサ・キルティング・スタジオ)

茨城県で始めてキルトの教室を開設した。東日本大震災の被災地に,スクールの生徒とベビーキルトを作って送るなどの活動も行っている。

2011vol.58(PDF:626キロバイト)

  • 青島実さん(陸上自衛隊)

古河市にある陸上自衛隊古河駐屯地の部隊に所属し,7トンダンプを運転している。東日本大震災では支援活動に従事し,給水車での給水活動や,ダンプ車両で瓦礫を集積所まで運ぶ作業を行った。

支援室だよりvol.9(PDF:295キロバイト)

  • 田野島万由子さん(ベジフルコミュ二ティいばらき)

「ベジフルコミュニティいばらき」を立ち上げ,野菜ソムリエとして,講師活動,ラジオ番組制作,JA直売所デモンストレーターなど幅広く活動している。

支援室だよりvol.9(PDF:295キロバイト)

  • 見澤道子さん(コスチュームジュエリーDelica)

独学でガラスビーズや天然石などの素材を使ったアクセサリー製作を始め,自宅にアトリエを構えて,デザインや製作・販売,レッスンを行っている。ジュエリーは国内外の美術館などに出展している。

2010vol.56(PDF:1,476キロバイト)

  • 杉森佳さん(株式会社 フジヤ興産)

建築工事の現場監督として,外壁工事の仕事を多くこなし,県内を始め東京,神奈川,山形まで各地の現場を担当している。

2010vol.55(PDF:1,337キロバイト)

  • 菊池圭さん(奥久慈レストラン「リュタン」オーナーシェフ)

地元奥久慈にこだわり、出身地である大子町にフレンチレストランをオープンさせる。地元奥久慈や茨城の食材にこだわっている。

支援室だよりvol.7(PDF:231キロバイト)

  • 水野美さん(陶人形そう)

自宅のアトリエでご夫婦がそれぞれ作品作りに取り組む。子ども、ペット、武将の陶人形や依頼に応じた小物類などを作成している。

支援室だよりvol.7(PDF:231キロバイト)

  • 大高美子さん(iBlueRose アイブルーローズ)

チャレンジする女性を応援する場所が必要との思いから、女性限定のコミュニティサイト「iBlueRose」を立ち上げる。

2010vol.54(PDF:152キロバイト) 2011vol.57(PDF:1,264キロバイト)

  • 外岡郁子さん(シルキーウェーブ・女性農業士)

県の研修等を受け起業し、地元産小麦粉や古代米を使用したパンを販売する店を開店。
水戸市の男女共同参画会議にも参画し、男女共同参画の推進に取り組んでいる。

2009vol.52(PDF:310キロバイト)

  • 光畑由佳さん(モーハウス代表)

授乳時に肌が見えない授乳服を製造・販売。赤ちゃんと一緒に外出できるライフスタイルを提案。また、子連れ勤務を実現し、子育て中の女性が育児と仕事を両立できる就労環境を整える。平成21年6月26日に男女共同参画担当大臣から女性のチャレンジ賞が贈られました。

支援室だより vol.5(PDF:277キロバイト)

  • 横田照実さん(おれんぢカフェ)

地域での情報交換、交流の場を目指して、自宅の庭先にコミュニティスペースをオープン。魅力ある地域づくりを展開している。

2009vol.51(PDF:1,830キロバイト)

  • 佐藤子さん(古河和装代表・匠短期大学校長)

和裁技能師で、セパレート着物等を考案して「古河和装」を起業し、事業家として活躍するほか、匠短期大学校長として人材育成に努めている。

2009vol.51(PDF:256キロバイト)

  • 廣澤さと子さん(ガラス工芸作家)

1998年ガラスのアトリエB.C.B.G(ベセジェ)設立。以後、各地で個展・グループ展を開催。1999年より笠間工芸の丘でバーナーワークの講師を務める。

2008vol.49(PDF:394キロバイト)

  • ミーナ(森田三菜子)さん(インド舞踊プロダンサー)

39歳でインド舞踊のプロ活動を開始。自主公演のほか、各地で奉納舞やイベント出演、ワークショップなどを行っている。

2008vol.48(PDF:425キロバイト)

  • 金田子さん(エフエムかしま市民放送)

エフエムかしまの開局とともに、同局へ入局。生番組のパーソナリティーなどを経て、鹿島地区での催事や出来事などを細かく紹介する「ナルナ地域レポート」などの番組で活躍する。

2006vol.46(PDF:154キロバイト)

  • 田中子さん(有限会社エービーエス)

水戸市緑町出身。
大学受験を耳の病気により断念。平成4年,人材派遣と社員研修を主な業務とする,有限会社エービーエスを設立。
最初は,自立して生きるために始めた仕事。それが誰かのためにと広がって,現在は女性のスキルアップをサポートするなど人材派遣の多様な分野にトライ。

2006vol.45(PDF:1,584キロバイト)

  • 新田子さん(日本盲導犬協会)

つくば市森の里出身。結婚を機にコンピューターのプログラム開発会社を退社したが,2006年7月に日本盲導犬協会に再就職。
現在,普及啓発部業務課で,主にボランティアや寄付行為などの窓口業務を担当。
犬や法律のことなどのプロフェッショナルを目指す。

2006vol.44(PDF:1,515キロバイト)

  • 山本子さん(移動美容室「楓」)

美容師・介護福祉士として2003年8月に移動美容室「楓」を開業。県内各地のお年寄りのいる施設や病院を訪ね,トラックを改造した移動美容室で美容サービスを行っている。

2006vol.42(PDF:1,380キロバイト)

  • 横田紀子さん(イルカトレーナー)

筑波大学第二学群生物学類を卒業後,2001年にアクアワールド茨城県大洗水族館に就職。
イルカ専門のトレーナーとして活躍中。結婚3年目で大洗町在住

2006vol.41(PDF:1,350キロバイト)

  • 小池枝子さん(コーヒーマイスター、バリスタ)

高校卒業後,父が営むコーヒー専門店「とむとむ」で修行。
平成18年3月,バリスタの日本一となる。「コーヒーのソムリエ」ともいえるコーヒー・マイスターの資格を持つ。

2005vol.40(PDF:81キロバイト)

  • 本多子さん(株式会社環境研究センター技術職員)

大学で植物生態学を専攻。
財団法人自然環境研究センターの生物分類技能検定2級(植物部門)の資格を持つ。動植物生育・生息調査などを行う環境調査部門で唯一の女性技術職員として活躍。

2005vol.38(PDF:77キロバイト)

  • 小池鶴子さん(ギガスケーズデンキ人事部係長)

本社人事部に勤務。
今年(平成17年)で入社10年目。現在、新卒・中途の正社員やパートの採用を担当。

2005vol.38(PDF:1,925キロバイト)

  • 三代代さん(ペインティングスタジオローズ)

15年前からトータルペインティングを始め,その後チャレンジショップに出店。
手作りの好きな仲間たちと交流を広げ,独立して店を開くまでにこぎつけた。

2005vol.37(PDF:81キロバイト)

  • 塚原恵子さん(茨城銀行竜ヶ崎支店副長)

茨城銀行に入行して勤続26年。
一般職の最高職位である副長として活躍。

2005vol.37(PDF:1,300キロバイト)

  • 大山苗さん(農業)

50歳を目前にバラ栽培農家になることを志す。
バラ栽培農家で1年間研修後,5年前にバラ栽培農家として独立。
16年秋新品種「つくばエクスプレス」の栽培を始める。

2005vol.36(PDF:36キロバイト)

  • 播田實美子さん(茨城交通株式会社)

昭和57年茨城交通に入社。
運輸部運輸統括課教育担当。
現在観光バスガイドの教育を担当。秋シーズンにはガイドとしても勤務。

2005vol.36(PDF:101キロバイト)

  • 居島紀さん(里山建築研究所研究員)

東京学芸大学を卒業後,筑波大学芸術専門学群建築デザインコースに入学。
卒業後設計事務所を経て里山建築研究所の設立に参加。
現在同研究所設計室の代表。
筑波山周辺に残る古民家の再生などに取り組む。

2005vol.36(PDF:36キロバイト)

  • 羽成子さん(日本板硝子茨城販売株式会社 水戸支店)

平成14年入社。
住器専任担当のレディ・インフィル・プランナー(リップ・住器専任担当)。

2005vol.36(PDF:107キロバイト)

  • 山室澄さん(独立行政法人産業技術総合研究所研究員)

91年工業技術院地質調査所に入所。
シジミなどの二枚貝が水の浄化に大きな働きをしていることなどを発見。
現在,亜熱帯の海域に特徴的なサンゴ礁,海草藻場,マングローブ林等の生態系などの研究に従事。2児の母。

2004vol.35(PDF:34キロバイト)

  • 大川子さん(JAなめがた潮来支店)

昭和42年JAに入組。
平成16年からJAなめがた潮来支店副支店長。
女性組合員の組織である女性事務局の仕事も兼務

2004vol.34(PDF:34キロバイト)

  • 内藤子さん(メモリーテック株式会社)

下館市出身。
平成4年明野町にあるメモリーテック株式会社に入社。
現在,パッケージ部アッセンブリ課主任として映画やアニメなどのDVDやCDのパッケージ組立の進行管理に従事。

2004vol.34(PDF:34キロバイト)

  • 青柳恵さん(常陽銀行支店長代理)

昭和52年常陽銀行入行。
入行時から住宅ローン等の営業を担当。
小学生のバスケットボール・チームの監督も務めている。

2004vol.33(PDF:30キロバイト)

  • 藤田子さん(株式会社日立サイエンスシステムズ主任技師)

昭和58年日立製作所那珂工場に入社。
現在,那珂カスタマーセンター分析医用部医用グループの主任技師。
病気の予防,早期発見,治療に必要な分析装置の研究開発やその使用方法を教えるトレーニング等を担当。

2004vol.33(PDF:30キロバイト)

  • 武藤薫さん(関東つくば銀行出張所長)

昭和52年関東銀行入行。
研究学園都市二の宮出張所の開設とともに所長に就任。

2004vol.33(PDF:30キロバイト)

  • 冨岡子さん(国際協力(やしの実の会代表)

やしの実の会代表。東京・上野学園大学の器楽学科でピアノを専攻。
昭和58年から青年海外協力隊員として中米コスタリカに派遣。
フィリピンのボホール島でスラムに住む子どもたち現状を知って「やしの実の会」を発足させる。
つくば市在住。

2003vol.32(PDF:57キロバイト)

  • 木村美さん(樹木医)

体育教師を目指し,日本体育大学で学ぶ。父の造園業を継ぐことで進路変更。
平成6年樹木医の資格試験に合格,県内初の女性樹木医として注目される。
平成13年有限会社フォレストを設立し独立。

2003vol.31(PDF:49キロバイト)

  • 笹原智子さん(フィットネスアドバイザー)

昭和53~56年,全日本女子柔道選手権大会で優勝。
現在は運動教室での指導のほか,講演や研修講師の仕事もこなす。
筑波大学大学院体育研究科で高齢者の運動と脳の活性化について研究中。
東京都出身。つくば市在住。

2003vol.30(PDF:128キロバイト)

  • 山下子さん(JA北つくば代表理事専務)

東京生まれ。結城市内の農家に嫁ぐ。
平成12年にJA北つくばでは女性として初めて理事に就任。
平成15年の改選で専務理事に選出。

2003vol.30(PDF:249キロバイト)

  • 津久田代枝さん(主婦+整体治療院院長+発明家)

つくだ治療院院長。婦人発明家協会,発明学会会員。
有限会社フロンティアツクダ代表取締役会長。
昭和60年につくだ治療院を開業。
平成7年にアイディア商品を製造・販売する有限会社フロンティアツクダを設立。
全身健康サポーター「ラクダーネ」,ウエストシェイプアップサポーター「肉取物語」など発明品」多数。
石岡市在住。

2003vol.29(PDF:49キロバイト)

  • 三上和美さん(レーシングドライバー)

スーパー耐久シリーズ・フォーミュラー4(F4)にフル参戦する唯一の女性ドライバー。
自動車雑誌のライターとしても活躍中。
北海道出身。

2002vol.27(PDF:347キロバイト) 2007vol.47(PDF:360キロバイト)

  • 駿渓トロペカイさん(通訳・ボランティア)

アフガニスタン生まれ。昭和52年筑波大学へ留学するため来日。
夫と英語塾を経営するほか,通訳としても活躍。故郷に女性や子どもたちの自立を支援するための学校をつくるべくボランティアグループ「希望の学校」を結成。
物資や資金協力を広く求めるため,約40名の仲間たちと活動中。

2002vol.26(PDF:137キロバイト)

  • 猪瀬ちづ子さん(銀行支店長)

常陽銀行初の女性支店長。
2000年に下妻支店長に就任。

2002vol.25(PDF:98キロバイト)

  • 稲葉子さん(蔵元兼杜氏)

全国でもまだ数が少ない女性の蔵元兼杜氏。
筑波山神社の御神酒「男女川」を造り続けてきた創業1867年の稲葉酒造場,第6代目の蔵元として家業を継ぐ。つくば市在住。

地域活動

2013vol.63(PDF:2,896キロバイト)

  • 戸部万亀子さん(助産師)

長年、自宅出産や新生児訪問に携わるほか、両親学級や父親ベビーマッサージ教室の講師、小中高校における性教育を行っている。。

支援室だよりvol.15(PDF:213キロバイト)

  • 神成田子さん(レイクエコーボランティア代表)

ボランティア会員各自が持つ技術や技能を活かしたイベントや講座を行い、各自の資質の向上と男女共同参画社会の実現を目指し活動している。

支援室だよりvol.14(PDF:251キロバイト)

  • 野村みさ子さん(神栖市読書グループ連合会)

幼いお子さんを抱える親子を対象とした読み聞かせを定期的に行い、読書を通して地域交流の架け橋となっている。

2012vol.60(PDF:673キロバイト)

  • 小松崎美子さん (たまり場・たろう主宰)

地域住民の集いの場である「たまり場たろう」を主宰し、イベントの開催や研修に実施を通じて、地域コミュニティの再生に貢献している。

支援室だよりvol.12(PDF:210キロバイト)

  • 古徳美子さん(デンマークでボランティア活動)

憧れていた外国での暮らしを実現し、働きながらボランティア活動を行い、デンマーク人の夫と静かでゆったりした生活を楽しんでいる。

2011vol.59(PDF:651キロバイト)

  • 子さん(産婦人科医 国際認定ラクテーション・コンサルタント)

東関東大震災時の避難所において,乳児への感染症予防のために紙コップを使った授乳方法についてアドバイスを行って回った。

2011vol.57(PDF:940キロバイト)

  • 子さん(県女性農業士会会長)

家族経営協定の推進や食育の推進など,農業分野を中心とした男女共同参画の推進に取り組んでいる。

2011vol.57(PDF:940キロバイト)

  • 梶山明子さん(夢ひたちファームなか里)

農業体験の受け入れ,農民民宿「なか里」の経営や耕作放棄地の再生など,地域の活性化になるようたくさんの仲間と活動している。

2010vol.54(PDF:152キロバイト)

  • 中山みついさん(女性農業士)

牛久市の男女共同参画後期実施計画の策定や家族経営協定の締結、食育の推進など、農林水産分野を中心とした男女共同参画の推進に取り組んでいる。

支援室だより vol.5(PDF:277キロバイト)

  • 青木鶴子さん(親子たいそう)

幼稚園の先生の経験を活かし、親子たいそう教室の講師として、親子のスキンシップが図れるような子育て支援を行っている。

2007vol.47(PDF:360キロバイト)

  • 塚田美子さん(「地域の和」創出に尽力)

「地域に笑顔と潤いを」をテーマに地域活動団体を設立し、世代を超えて新しい仲間を見つける場を市民に提供して、「地域の和」創出に尽力している。

男女共同参画の推進

2010vol.54(PDF:152キロバイト)

  • 平田子さん(前うららフレンドハウス会長)

前うららフレンドハウス会長としての活動のほか、土浦市教育委員長や女性プラン21推進委員会委員として、土浦市の男女共同参画の推進に取り組んでいる。

2007vol.47(PDF:360キロバイト)

  • 橋本由合子さん(男女共同参画計画の策定に力を注ぐ)

労働組合での活動を通じて、市や県の男女共同参画計画の策定などに力を注いだほか、
男女平等な社会制度等の形成にも尽力している。

男性

2009vol.52(PDF:321キロバイト)

  • 矢澤義さん(専業主夫・学習塾寺子屋塾長)

子供の成長に伴い自宅で学習塾を開き、受験指導などに当たってきた。主夫歴12年。県内多くの自治体や大学などで講演者やパネリストとして活動し、現代の家事・育児の難しさ、男性の参加を強く訴えてきた。

2009vol.52(PDF:329キロバイト)

  • 小野瀬久さん(いばらきコープ生活協同組合 水戸センターチームリーダー)

いばらきコープ生活協同組合で育児休暇取得者第一号となる。

2008vol.49(PDF:219キロバイト)

  • 篠原一さん(ボランティア)

茨城大学を卒業し、日立製作所に就職。休日に月1~2回、アクアワールド茨城県大洗水族館で ボランティア活動をしている。

2005vol.40(PDF:1,297キロバイト)

  • 大崎さん(陶芸家)

旅行会社を53歳で退職後,愛知県立窯業高等技術専門学校へ。その後笠間市へ移住し,陶房「陶の動物園」を開く。

2005vol.39(PDF:88キロバイト)

  • 鈴木さん(介護職員)

福祉の専門学校で社会福祉主事(任用型)の資格を取得。
桜川市の特別養護老人ホーム「ひだまりの家やまと」で介護職員として勤務。

2004vol.34(PDF:92キロバイト)

  • 大沼史さん(土浦訪問看護ステーション看護師)

土浦市生まれ。
高校卒業後,宮本病院附属准看護師学院,筑波学園病院附属看護学校を卒業し看護師となる。
現在,土浦訪問看護ステーションの管理者。

2004vol.34(PDF:105キロバイト)

  • 根本典さん(東海村立百塚保育所保育士)

東海村生まれ。
地元の高校を卒業後,リリー保育福祉専門学校の保育学科を卒業。
2001年から東海村立百塚保育所で保育士の仕事に就く。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

知事直轄女性青少年課男女共同参画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2178

FAX番号:029-301-2189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?