ここから本文です。

更新日:2018年5月11日

平成24年度ハーモニー功労賞

県では,県民や事業者等の皆様に方に,男女共同参画についての理解と関心を深めていただくため,毎年11月を「男女共同参画推進月間」と定めています。これに併せて,男女共同参画の推進に功績のあった個人・団体・事業所の方々に「ハーモニー功労賞」を贈呈しております。

平成24年度のハーモニー功労賞は,「個人の部」3名,「団体の部」2団体,「事業所の部」2事業所の計7名が選ばれ,平成24年11月30日金曜日に開催された「ハーモニートップセミナー」の席上で,山口副知事から表彰状が授与されました。

平成24年度「ハーモニー功労賞」受賞者の皆さん

平成24年度「ハーモニー功労賞」受賞者の皆さん

受賞者の紹介(敬称略)

個人の部

有野真由美つくば市)

つくばりんりんロードに,飲食物の提供や自転車メンテナンス機器の貸出などを行うサイクリストのサポートステーションを開設した。また,サイクリング環境の整備に向け,更に活動を広げるためNPO法人を立ち上げるなど積極的に活動し,新たな分野にチャレンジするロールモデルとして女性の社会参画の途を広げた。

戸部万亀子東海村)
助産師として,長年,自宅出産や新生児訪問に携わるほか,自治体が主催する両親学級や父親ベビーマッサージ教室の講師を務めている。また,小中高校における性教育にも尽力された。これらの活動は父親の育児参加や生涯を通じた女性の健康支援につながり,女性の社会参画促進に貢献している。

門奈理佐つくば市)
イネゲノムの解析・研究を専門とする研究者であり,これまでに培った知識・経験を農業等の推進に役立てようと,研究開発を柱に起業し,女性の社会進出が少ないとされる理系分野において女性の社会参画の途を広げた。

団体の部

特定非営利活動法人ウィメンズネット「らいず」(水戸市)

ドメスティック・バイオレンス(DV)の被害を受けた女性やその子を支援するため,電話相談やシェルターの運営,メンタルフレンドの派遣などを行うほか,デートDV出前講座も実施するなど,女性問題の解決のための活動に積極的に取り組んでいる。

古河市女性起業ネットワーク委員会「食遊三和」(古河市)

メンバーそれぞれが加工所や直売所を経営するほか,道の駅などでの加工品販売,食育講座,県内外からの研修受け入れといった活動を積極的に行い,農業分野や地域における男女共同参画の推進に寄与している。

事業所の部

社会福祉法人征峯会障害者支援施設ピアしらとり(筑西市)

事業所内託児施設の設置,育児休業制度,短時間勤務制度,子の看護休暇を導入し,現在まで3名の男性職員が育児休暇を取得した。また,出産や育児などで一度退職した職員の再雇用制度も導入して3名を再雇用するなど,職場における男女共同参画の推進に積極的に取り組んでいる。

有限会社ワールド翻訳サービス(牛久市)
短時間勤務や時差出勤,在宅勤務などを取り入れ,家族の転勤に伴い海外在住の社員にも本人の希望により在宅勤務のかたちで就業継続を認めるなど,社員それぞれの事情に応じた柔軟で多様な働き方を認め合う職場環境づくりに積極的に取り組んでいる。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部女性活躍・県民協働課女性活躍

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2178

FAX番号:029-301-2189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?