ここから本文です。

更新日:2018年5月11日

平成27年度ハーモニー功労賞

県では、県民や事業者等の皆様方に、男女共同参画についての理解と関心を深めていただくため、毎年11月を「男女共同参画推進月間」と定めており、これに合わせて、男女共同参画の推進に功績のあった個人・団体・事業所の方々に「ハーモニー功労賞」を贈呈しております。

平成27年度のハーモニー功労賞は、「個人の部」3名、「団体の部」1団体、「事業所の部」4事業所の計8名が選ばれ、平成27年11月6日(金曜日)に開催された「平成27年度ハーモニートップセミナー」の席上で、橋本知事から表彰状が授与されました。

  • 平成27年度ハーモニー功労賞受賞者の皆さん

功労賞H27

受賞者の紹介(敬称略)

〈個人の部〉
■稲葉伸子氏(つくば市)
県内でただ一人の女性杜氏である。日本の伝統や文化,そして家業の酒造りを後世に伝えたいと,企業を退職し日本酒造りを継承した。また,酒造場をギャラリーなどに変え,人々の集う場として提供,地域に貢献している。
■片岡安祐美氏(稲敷市)
社会人チーム初の女性監督である。また,昨年全日本クラブ野球選手権において,大会史上初の女性の優勝監督となる。
チームの活動拠点である稲敷市のふるさと大使として,積極的に地域貢献に努めている。
■佐藤三惠子氏(結城市)
新生児訪問指導や両親学級,看護専門学校での非常勤講師を担当するとともに,助産師間のワークシェアリングができるような調整や,県西地区の助産師の復職支援にも取り組んでいる。
県全体で産婦人科医が少ないなか,助産師として精力的に地域へ貢献している。

〈団体の部〉
■ろ舟保存会(潮来市)
娘船頭を育成し,現在9名の娘船頭が手漕ぎの艪を操りながら観光案内を行ったりして,観光客のおもてなしを行い,潮来のイメージアップに大きく貢献している。
また,あやめまつり期間外には,観光キャンペーンにも従事し,「水郷潮来あやめ娘」とともに観光PRやイベント会場での広報活動など,多方面で活躍している。

〈事業所の部〉
■医療法人蔦会アイビークリニック(ひたちなか市)
県内医療法人として初めて平成26年12月「くるみん」の認定を得る。地域の子供の施設見学,インターンシップの受け入れのほか,ワーク・ライフ・バランスなど,職場環境整備などに病院全体で取り組んでいる。
■三桜工業株式会社古河事業所(古河市)
事業所敷地内に保育施設「さくらんぼ」を設置し,育休明けからの職場復帰を支援している。ワーク・ライフ・バランスの視点からの業務の効率化に向けた部門横断プロジェクトを発足するなど,女性が活躍するための職場づくりを積極的に推進している。
■株式会社常陽銀行(水戸市)
平成25年度から,県と「地域経済活性化に関する包括連携協定」により女性の活躍を支援している。「輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会」に参加し,行動宣言も行った。今年度は,女性活躍支援に向けたワークライフバランス推進施策を策定するなど,女性が働きやすい職場づくりを積極的に推進している。
■筑波乳業株式会社(石岡市)
家庭と仕事の両立を支援する諸制度の設立・運用を推進し,女性社員の育児休業取得率・復職率は100%である。平成26年には「くるみん」の認定を県内食品製造業として初めて得る。管理・監督職に女性を登用するなど,女性の活躍に積極的に取り組んでいる。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部女性活躍・県民協働課女性活躍

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2178

FAX番号:029-301-2189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?