ここから本文です。

更新日:2019年4月8日

平成17年度茨城県優良興行

平成17年度茨城県優良興行

ハードル

推奨番号 1
題名 ハードル
製作 映画「ハードル」製作委員会
配給会社 茨城映画センター(茨城県内)
推奨年月日 平成17年5月27日
推奨理由 本作品は、多感な成長期にある二人の兄弟をとおし、受験、万引き、家庭環境の変化、そしていじめと、青少年の身近な問題を描いたものである。現代的な問題に真正面から向き合うことで、青少年に勇気や正義感を呼び来させるものであり、青少年の健全育成に有益である。

 

あした元気にな~れ ―半分のさつまいも―

推奨番号 2
種類 映画
題名 あした元気にな~れ ―半分のさつまいも―
製作 映画「あした元気にな~れ」製作委員会
配給会社 茨城映画センター(茨城県内)
推奨年月日 平成17年5月27日
推奨理由 本作品は、戦争の惨禍によって家を失い、家族を失った子どもたちがその絶望的な状況にもかかわらず懸命に生きてゆく姿を描いたものである。主人公の少女のひたむきな生き方、厳しい状況の中でもたくましく生きていこうとする姿は、現代の豊かな社会の中で生きている青少年たちにいのちの尊さを訴えるものといえ、青少年の健全育成に有益である。

 

地球のステージ1

推奨番号 3
種類 講演等
題名 地球のステージ1
製作 特定非営利活動法人「地球のステージ」
推奨年月日 平成17年6月10日
推奨理由 本興行は、「国際理解」をテーマに演者が世界との出会いを重ね、いつしかボランティア活動(医療支援)の道を歩んでいる姿をビデオ映像とライブ音楽、語りを通して伝えるものである。ボランティア活動とは何かということ、人の命のために何が出来るのかということが伝わってくるものであるとともに、国際理解に関心を持ち、正しく理解する青少年が増えていくことが期待されるもので、青少年の健全育成に有益である。

 

地球のステージ2

推奨番号 4
種類 講演等
題名 地球のステージ2
製作 特定非営利活動法人「地球のステージ」
推奨年月日 平成17年6月10日
推奨理由 本興行は、演者の体験したことを踏まえ、たとえば戦争状況下にある子どもたちの姿を、演奏と映像をつなぎつつ伝えるものである。全体を通してボランティアの素晴らしさが自ずと伝わってくるもので、日本の青少年に改めて、平和という言葉さえ消えてしまう豊かな状況の中で生きていることの意味を伝えることが出来るものといえ、青少年の健全育成に有益である。

 

ガラスのうさぎ

推奨番号 5
種類 映画
題名 ガラスのうさぎ
製作 映画「ガラスのうさぎ」製作委員会
推奨年月日 平成17年7月6日
推奨理由 本作品は、不朽の名作である原作をアニメ化したものであり、12歳の少女の目をとおし、戦争の怖さ、家族が離ればなれになることや大事な家族の生命が失われてゆくことの悲惨さや非情さを訴えている。当時の日本や、子どもたちの状況を知ることで、「平和」について考える機会を得るものであり、現代に生きる私たちが戦争を風化させることなく、今考えなければならないことが多く盛り込まれているものといえ、青少年の健全育成に有益である。

 

カーテンコール

推奨番号 6
題名 カーテンコール
製作 「カーテンコール」製作委員会
推奨年月日 平成17年11月2日
推奨理由 本作品は、昭和30年代の映画全盛期時代に活躍した幕間芸人の人生と家族愛とを、下関の港町にある小さな映画館のにぎわいと斜陽を背景に描いたものである。時代の中の、民族問題という重いテーマを内包しつつも、「父と娘」の人間関係の修復や人間の優しさが強く描かれており、時代を超えて、人と人とのつながりを深く考えさせられる好作品である。

 

わらびのこう

推奨番号 7
種類 映画
題名 わらびのこう 蕨野行
製作 日本の原風景を映像で考える会 タイムズイン
推奨年月日 平成17年12月1日
推奨理由 本作品は、人間の生命を社会との関係で扱ったもので、年老いた人々が若い生命と社会の継続を念じて、生き続けることのできる社会を自ら離れるという、かつて存在した社会の事実を淡々と描いている。老いとは、生きるとは、家族とは、地域とは、といった現代に通じる永遠のテーマを見る物に鋭く問いかける作品であり、青少年の健全育成に有益である。

 

あらしのよるに

推奨番号 8
種類 映画
題名 あらしのよるに
製作 東宝株式会社 TBS ほか
推奨年月日 平成17年12月9日
推奨理由 本作品は、1994年に出版された同名の絵本が映画化されたもので、オオカミとヤギの不思議な絆を描いた作品である。本来ならば「食うか食われるか」の関係である2匹の「友情」「信頼」といった、普遍的ではあるがあまり正面から取り上げられることのなくなったテーマをストレートにとらえ、その大切さを改めて訴えているもので、青少年の健全育成に有益である。

 

地球のステージ3

推奨番号 9
種類 講演等
題名 地球のステージ3
製作 特定非営利活動法人「地球のステージ」
推奨年月日 平成18年1月25日
推奨理由 本興行は、桑山紀彦氏が、自身の医療支援活動をとおした体験を映像・音楽と自らの語りによって伝える一連の講演の第3部で、これまでの映像をテーマごとに整理し、さらに「紛争が絶えない理由」や「個人と国家」、「死と向かい合う」などの重いテーマを分かりやすく伝えている。それらのメッセージは前2作と同様明確で、その場にいる人すべてに強い感動を与えるものであり、青少年の健全育成に有益である。

 

火ひび火

推奨番号 10
種類 映画
題名 火ひび火
製作 映画「火ひび火」製作委員会
推奨年月日 平成17年3月28日
推奨理由 本作品は、女性陶芸家の草分けとなった神山清子の、陶芸にかける思いと、息子の白血病と闘う母親としての姿を実話に基づき描いたものである。主人公の、芸術作品に向き合う陶芸家としての姿と、息子の白血病と向き合う母としての姿から、人を思いやる気持ち、命の尊さ、一つのことに打ち込むことのすばらしさ、骨髄バンクへの理解等、多くのことを学ぶことができ、青少年の健全育成に有益である。

 

村の写真集

推奨番号 11
種類 映画
題名 村の写真集
製作 「村の写真集」製作委員会
推奨年月日 平成18年3月28日
推奨理由 本作品は、ダム建設が行われる村の写真集作りを依頼された昔気質の父親と、助手として手伝う東京から一時帰宅した息子との関係を描いた作品である。村の写真屋の一家と村人たちとの交流を通じ、家族の絆、親子の葛藤、生きるとは、暮らしとは何かといったこととともに、誰にでもある故郷の美しさや家族の大切さを思い起こさせるものであり、青少年の健全育成に有益である。

 

NAGASAKIN1945 アンゼラスの鐘

推奨番号 12
種類 映画
題名 NAGASAKIN1945 アンゼラスの鐘
製作 「アンゼラスの鐘」製作委員会
推奨年月日 平成18年5月16日
推奨理由 本作品は、戦後60年の節目に長崎市民の支援で製作された、被爆という現実を語り継ぐ意味で大変有意義な作品である。原爆投下の残忍さに加えて、次々と倒れていく市民の姿をまざまざと描き出している。被爆直後から医療活動に従事し続けた青年医師や、長崎の人々の思いがよく伝わってくる。戦争の悲惨を知ると同時に、平和の尊さを考えることができ、青少年の健全育成に有益である。

 

問い合わせ先

茨城県保健福祉部子ども政策局青少年家庭課 青少年グループ

電話番号029-301-2183

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部青少年家庭課青少年

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2183

FAX番号:029-301-2189

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?