ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > いばらきもの知り博士 > いばらきもの知り博士情報一覧 > 情報016:大野村の村長が名付けた、日本一長~い駅名

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

情報016:大野村の村長が名付けた、日本一長~い駅名

←情報014

情報017→

←いばらき・もの知り情報

 

情報016大野村の村長が名付けた、日本一長~い駅名

『長者ヶ浜潮騒はまなす公園前』駅

6年ぶりに手にいれた日本一の称号

1990年11月18日、大洗鹿島線鹿島大野駅と荒野台駅の中間地点に、日本一長い名前の駅として「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前(ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ)」駅(13文字、かな表記で22文字)が開業しました。

4コマ・マンガ「ガマくんとローズくん」

それまでは、福島県の阿武隈急行「やながわ希望の森公園前(やながわきぼうのもりこうえんまえ)」駅(11文字、かな表記で16文字)が日本一長い名前の駅とされていましたが、さらに8文字も上回る長さで日本一の座を手にいれ、日本一長い名前の駅は「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」駅。そして日本一短い名前の駅は、三重県津市にあるJR東海・近畿日本鉄道・伊勢鉄道「津(つ)」駅(1文字、かな表記1文字)とされ、さまざまなメディアを賑わせました。

しかし、1992年に熊本県南阿蘇鉄道の「南阿蘇水の生まれる里白水高原(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげん)」駅(14文字、かな表記22文字)が開業。日本一の座を二分することになりました。

その10年後の2001年4月2日、島根県一畑電車の北松江線古江駅が美術館のオープンに伴い「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前(るいす・しー.てぃふぁにーていえんびじゅつかんまえ)」駅(18文字、かな表記で24文字)に改称。日本一の座を明け渡しましたが、美術館の閉館により駅名を「松江イングリッシュガーデン前(まつえいんぐりっしゅがーでんまえ)」駅(14文字、かな表記で18文字)と改称した2007年5月21日、長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅は再び日本一の称号を手に入れたのです。

鹿島臨海鉄道では、再び日本一長い名前の駅に返り咲いたことを記念し、2007年6月15日に縦3cm×横17.6cmの記念乗車券を1,000部限定で発売(既に完売)。地域住民や鉄道ファンの注目を集めました。

記念乗車券記念乗車券

 

長いがゆえに味わった苦労

当時の自動販売機で印字できる最大文字数は11文字。13文字もある駅名は全て印字することができませんでした。そこで、駅名の「ヶ」や「前」を省略。「長者浜潮騒はまなす公園」などと表記し、対応したのです。現在では最大13文字までの印字が可能になりましたが、運賃表や時刻表、自動券売機のボタンなどは今でも「公園前」や「はまなす公園」と省略して表示されています。

では、自動販売機で印字できない程長い駅名を考えたのは一体誰だったのでしょうか。

長者ヶ浜潮騒はまなす公園前

それは、開通当時5期に渡って大野村(現・鹿嶋市大野)の村長を勤めた、生井沢健二村長です。生井沢村長は、大野村にある「潮騒はまなす公園」と「長者ヶ浜海水浴場」のPRのためにこの駅名を付けました。また、はまなす公園には154mの日本一長いローラーすべり台があり(建設当時)、そのすべり台の長さにもかけて長い駅名を付けました。

長者ヶ浜潮騒はまなす公園前長者ヶ浜潮騒はまなす公園前

 

大洗鹿島線だからできる、ゆったりとした鉄道の旅

最近では、少子化やマイカー普及などの影響もあり、公共交通機関の利用者数が減っていると言われています。大洗鹿島線も例外ではなく、開通当時と比べると利用者数はだいぶ減りました。鹿島臨海鉄道では、公共交通機関を多くの方に利用してもらいたいと考え、2008年3月31日までの期間、70歳以上を対象とした1日乗り放題切符(水戸駅-鹿島神宮駅間)を大洗駅・新鉾田駅・鹿島神宮駅前観光案内所の3カ所限定1,000円で販売。他にも、2008年1月19日からは、常澄-徳宿間(「常」に「徳」来る)を縁起のいい切符として、大洗駅・新鉾田駅・本社(通信販売のみ)で発売しています。

大洗鹿島線

大洗鹿島線は水戸駅付近にJRが設置した2カ所以外は踏切もなく、大部分が高架を走っています。そのため、夏には一面真っ青な田園、秋の収穫時期には黄金に輝く稲など、美しい景色を楽しむことができます。水戸駅から鹿島神宮まではおよそ1時間20分。その間、美しい風景を眺めながら、ゆったりとした鉄道の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

関連情報

鹿島臨海鉄道株式会社ホームページ(外部サイトへリンク)

←情報014

情報017→

←いばらき・もの知り情報

 

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーション戦略チーム制作・発信

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2128

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?