ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 保健・福祉 > 母・子供 > 母子家庭や父子家庭などの方々が病気などで一時的に子どもの面倒を頼みたいときは

ここから本文です。

更新日:2015年6月29日

母子家庭や父子家庭などの方々が病気などで一時的に子どもの面倒を頼みたいときは

母子家庭のお母さんが病気になったり、冠婚葬祭のため、さらには自立のための講習会に参加するためなどの理由により、一時的に子どもの面倒をみられなくなったとき等に、家庭生活支援員を派遣します。また、寡婦世帯や父子家庭の方々も利用できます。
なお、一定の所得以上の方は費用がかかります。

問い合わせは
県民センター県民福祉課福祉相談センター地域福祉課市福祉事務所、町村役場、市町村母子寡婦福祉会、茨城県母子寡婦福祉連合会(電話 029-221-8497)へ。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部子ども未来課児童育成・母子福祉

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3247

FAX番号:029-301-3269

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?