ここから本文です。

更新日:2015年6月29日

地理と気候

茨城県の地理と気候

地理と気候

位置

茨城県地図

茨城県は、日本列島のほぼ中央を占める関東地方の北東にあり、東は太平洋にのぞみ、北は福島県、西は栃木県に接し、南は利根川をもって千葉県、埼玉県に界しており、首都東京の中心から県南の取手市は、40キロメートル、県都の水戸市は、100キロメートルの圏内にあります。極地の経緯度は次のとおりです。

資料:国土地理院『日本の市区町村位置情報要覧』

区分 場所 経度 緯度
東端 神栖市 東経140度51分06秒 北緯35度44分38秒
西端 古河市 東経139度41分15秒 北緯36度11分52秒
南端 神栖市 東経140度50分15秒 北緯35度44分21秒
北端 北茨城市 東経140度35分10秒 北緯36度56分43秒

 

地形

茨城県等高線地図

北部から北西部にかけては、南北に阿武隈山地の南端部となる久慈山地・多賀山地の山々と八溝山地の山々が連なり、この間に山田川、里川、久慈川、那珂川とその流域の平地があります。八溝山地は北西県境にそびえる県内の最高峰八溝山(1,022メートル)にはじまり、南走して栃木県との境に起伏して加波山、筑波山に至っており、また多賀山地には、花園山、神峰山、高鈴山などがあります。

中央部から南西部にかけては、関東平野の一部である常総平野が広がり、そのなかを小貝川、鬼怒川が流れ、この両河川を合流して最南端を流域面積全国第1の河川利根川が東流して、太平洋に注ぎ込んでいます。

南東部は、豊かな水をたたえた日本第二の湖霞ケ浦および、北浦を中心とする水郷地帯となっています。

東部は、延長190キロメートルにおよぶ海岸線がのび、その間に日立、常陸那珂、大洗、鹿島港と沿岸漁業の拠点となっている平潟、大津、久慈、磯崎、平磯、那珂湊、波崎等の漁港があります。

県の面積は、6,097.06平方キロメートル(平成27年現在)で全国第24位ですが、平坦であるため可住地面積は、3,982.47平方キロメートルと全国第4位の広さを持っています。

(1)主な河川

河川 総流路延長(幹線延長) 流域面積
利根川(とねがわ) 322キロメートル 16,840.0平方キロメートル
鬼怒川(きぬがわ) 176.7キロメートル 1,760.1平方キロメートル
那珂川(なかがわ) 150キロメートル 3,270平方キロメートル
久慈川(くじがわ) 124キロメートル 1,490平方キロメートル
小貝川(こかいがわ) 111.8キロメートル 1,043.3平方キロメートル

資料:国土交通省関東地方整備局ホームページ

(2)主な山岳

山岳 標高
八溝山(やみぞさん) 1,022メートル
筑波山(つくばさん) 877メートル
加波山(かばさん) 709メートル
堅破山(たつわれさん) 658メートル
男体山(なんたいさん) 654メートル
高鈴山(たかすずやま) 623メートル
吾国山(わがくにさん) 518メートル

資料:国土地理院「日本の主な山岳標高」

(3)主な湖沼

湖沼 面積
霞ケ浦(かすみがうら) 168.22平方キロメートル
北浦(きたうら) 35.04平方キロメートル
涸沼(ひぬま) 9.30平方キロメートル
外浪逆浦(そとなさかうら) 5.93平方キロメートル
牛久沼(うしくぬま) 3.55平方キロメートル

資料:国土交通省国土地理院『全国都道府県市区町村別面積調』

気温

【水戸市の月別平均気温(℃)】

水戸平均気温

(1981年から2010年までの平均値資料:水戸地方気象台『水戸の平年値』)

雨量

茨城県の年間降水量(2015年)→1,226.5ミリメートル

【水戸市の月別降水量(ミリメートル)】

水戸市の月別降水量

(1981年から2010年までの平均値資料:水戸地方気象台『水戸の平年値』)

人口と市町村

人口

人口は、2015年10月1日現在で、2,917,857人(速報値)となっています。(最新データは、こちらをクリックしてください→最新人口データ

市町村

また、本県は水戸、日立、つくばをはじめとする44市町村(平成28年6月現在)からなっています。

茨城県エリアマップ

このページに関するお問い合わせ

知事直轄広報広聴課県民広報

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2128

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?