ホーム > 茨城を知る > 県のご案内 > 茨城のプロフィール > 県政の歩み > 明治12年第一回県会議員選挙が行われ、県会が開設

ここから本文です。

更新日:2015年6月17日

明治12年第一回県会議員選挙が行われ、県会が開設

明治12年第一回県会議員選挙が行われ、県会が開設

明治12年第一回県会議員選挙が行われ,県会が開設

明治12(1879)年3月10日、第1回の県会議員選挙が行われ、県下18郡14選挙区から45人の議員が選出されました。第1回県会は同年4月5日、野村維章県令(知事)のとき、茨城師範学校講堂で開かれました。選出された45人の議員(2人欠席)が出席して5月17日まで開かれ、総額25万5,602円96銭7厘の予算と地方税税則などを審議可決しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?