ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > 旅の目的地は「道の駅」!いばらき「道の駅」特集

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

旅の目的地は「道の駅」!いばらき「道の駅」特集

旅の途中の通過点だった「道の駅」。最近では、目的地として選ばれるようなスタイルへと進化し、アミューズメント感覚に楽しめる施設も増えています。夏休みに家族で楽しめる、茨城県内各地の個性豊かな「道の駅」をご紹介します。

 

 

北関東最大級!複合型「ハイブリッド道の駅」がニューオープン!
道の駅グランテラス西筑西市川澄1850(国道50号下館バイパス沿い)


北関東最大級の道の駅「グランテラス筑西」全景

茨城県内で14ヶ所目となる道の駅「グランテラス筑西」が7月11日にオープンしました。

約4万8,000平方メートルという敷地面積は北関東最大級!屋内には、地元農家さんこだわりの採れたて新鮮野菜が並ぶ農産物直売所や、本格グルメが楽しめるレストラン、筑西市のご当地ラーメンとして知られる「下館ラーメン」など、地元の味覚も楽しめるフードコート、コンビニ店やコーヒーチェーン店が立ち並び、商業施設のような充実感です。

また、長距離運転をする方にうれしい、24時間利用可能なコインランドリーやコインシャワーを備えた休憩室などが整備されているのも特徴です。屋外には、夏休みのレジャーにもおすすめのバーベキュー施設を整備。食材付きのバーベキュープランに加えて、有機野菜の収穫体験を楽しめるプランがあり、バーベキューを目的に施設を利用することもできます。(要予約)そして、道の駅にあるのは全国初、本格的スラックラインエリアが!筑西市には、スラックライン推進機構加盟団体「下館スラックライン」があり、「小布施スラックライン」と協力の元、道の駅にスラックラインエリアが整備されました。今後は、ワールドクラスの大会も行いたいとのこと。

いろいろな楽しみ方ができる、まさに「ハイブリッド道の駅」。
オープン以降、連日大盛況の道の駅です。


本格的なスラックラインエリアを整備


大型スペースでBBQ体験も可能

 

 

道の駅グランテラス筑西(外部サイトへリンク)

電話番号:0296-45-5055
FAX:0296-45-5088

営業時間:9時00分〜19時00分(6~8月)
※9月〜5月までは18時00分まで

休館日:毎月第3水曜日(予定)、1月1・2日

駐車場:361台(大型車/43台)

アクセス:
【車】北関東自動車道「桜川筑西IC」より国道50号で15分
国道294号・国道50号交差点から5分
【電車】JR水戸線/関東鉄道常総線/真岡鐡道「下館駅」下車バス約15分

 

 

 

隈研吾氏設計のレストラン「茶蔵」が2019年4月にオープン!
水辺に遊び、道に憩う、リバーサイドステーション

道の駅さかい島郡境町1341-1


「茶蔵」外観


道の駅さかい外観


「さかいキッチン」内観

境町は江戸時代には水運の拠点、河岸の街として栄えていました。

そんな町にある道の駅さかいは地場産品を使用したグルメはもちろん、

様々な情報の発信拠点としての機能も有しています。利根川の河川敷で体験できるセグウェイや、高瀬舟による利根川周遊など、各種アクティビティも充実しています!そして、夏のレジャーの代表バーベキューも!緑広がる河川敷で、本格アメリカンスタイルバーベキューを体験できます。また、4月にオープンしたばかりの隈研吾氏設計の「茶蔵」では、1階には地場境町でとれた新鮮野菜や麹を使用した料理を提供するビュッフェスタイルの「さかいキッチン」、2階には鉄板焼き「さかい鉄板」、さしま茶を使ったスイーツなどが楽しめる「さしま茶サロン」があります。

 


大自然の中でBBQ


セグウェイ体験も可能

 

道の駅さかい(外部サイトへリンク)

電話番号:0280-87-5011
FAX:0280-87-5015

営業時間:9時00分〜18時00分

休館日:12月30日~1月1日、2月・9月第2月曜日(祝日の場合は翌日)

アクセス:
【車】圏央道「境古河IC」から約10分車場:141台(大型車/13台)

 

まだまだあります、他の道の駅をご紹介

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーション戦略チームプロモーション

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?