ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > 8月31日は「やさい"831"の日」

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

8月31日は「やさい"831"の日」

東京都中央卸売市場の青果物取扱高が13年連続日本一
農業産出額が8年連続全国2位

 

画像:ハッスル黄門

 

8月31日は「やさい“831”(野菜)の日」です。茨城県産青果物は、東京都中央卸売市場の青果物取扱高が13年連続で日本一(※平成16~28年の取扱高)で、首都圏の食卓を支える大きな存在となっています。また、農業産出額においても、8年連続全国2位(北海道が1位)(※平成21~27年の産出額)で、温暖な気候、肥沃な大地に恵まれた茨城県は、まさに「食の宝庫」といえます。茨城県では、「茨城をたべようDay」や「茨城をたべようWeek」を設け、県産食材を食べて応援しようという地産地消を推進する取り組みを行っています。野菜の日にちなみ、茨城県の”野菜“をいろいろな視点からご紹介します。

 

農業産出額全国1~3位の野菜

 

1位ピーマン
写真:ピーマン

作付面積・生産量ともに日本一。

つやがあり、肉質は柔らかく、苦みが少ないことが特長。

通年

1位れんこん
写真:れんこん

生産量は日本一で、全国の約50%のシェアを誇る。日本で2番目に大きい湖「霞ヶ浦」の周辺が主な生産地。

通年

1位みず
写真:みず菜

生産量は日本一で、全国の約40%のシェアを誇る。ハウス栽培により1年中出荷されている。サラダなど生食でも美味しい。

通年

1位さつまいも
写真:さつまいも

生産量は鹿児島県に次ぎ全国2位。ホクホクとした「ベニアズマ」、しっとりとした「べにはるか」などの品種が栽培されている。

9月~2月

1位チンゲンサイ
写真:チンゲンサイ

生産量は日本一で茨城県産は年間を通じて出荷されている。近年では、あくが少なく生のままサラダ感覚で食べられる品種も栽培されている。

通年

1位せり
写真:せり

生産量は宮城県に次ぎ全国2位。霞ヶ浦に面する行方市で多く栽培されてる。春の七草の一つだが、冬場の鍋にも重宝される。

10月中旬~4月下旬

2位くさい
写真:はくさい

生産量は日本一で、全国の約25%のシェアを誇る。圧倒的生産量を誇る冬場の白菜のほか、春白菜も栽培しており、サラダなどの生食におすすめ。

10月~6月

2位こまつな
イラスト:こまつな

生産量・作付面積ともに全国2位で、近年県内での生産が増えている。クセが少ないため食べやすく、スムージーなどでも活躍。

通年

3位
写真:ねぎ

茨城県は有数のねぎの産地で、特に夏ねぎは生産量日本一を誇る。薬味や炒め物だけでなく、冷製スープなどでも食べられる。

6月~8月

 

【はみだし情報】これも茨城で生産!?

にがうり
写真:にがうり

沖縄など九州地方を中心に栽培されるにがうりですが、実は茨城県でも生産が盛んで、主な産地は県の西部にある古河市です。肉付きが良くて苦味が少なく、色鮮やかなグリーン色が特徴で、‘惚ろにがうり’の愛称で親しまれています。生産者の愛情が込められたきめ細やかな管理により高い品質を保ち、市場から高い評価を受けています。

6月~11月

 

野菜関連イベント

アンテナショップ「茨城マルシェ」の“やさいの日”特別イベント!
①茨城野菜のワンコイン詰め放題

 

写真:野菜詰め放題写真:レジ袋

*写真はイメージです。内容は仕入れの状況により変わります。

日時:8月30日(水曜日)~8月31日(木曜日)各日①11時00分②15時00分

場所:茨城マルシェ物販コーナー特設エリア

8月30日(水曜日)~31日(木曜日)2日間限定で、大変お得な野菜の詰め放題イベントを実施します。ワンコイン500円でレジ袋にどれだけ多くの野菜を詰められるか、ぜひチャレンジしてください。1日2回のタイムセールです。各回とも予定数が無くなり次第終了します。

 

茨城の新鮮野菜が食べ放題!
②野菜ビュッフェがパワーアップ!

 

写真:野菜ビュッフェ

*写真はイメージです。内容は仕入れの状況により変わります。

大人気!ランチタイムに楽しめる、ビストロの“野菜ビュッフェ”。8月30日(水曜日)~31日(木曜日)の2日間限定で、”野菜ビュッフェ”がパワーアップします!

新鮮な茨城の野菜をぜひご賞味ください。

 

日時:8月30日(水曜日)~8月31日(木曜日)11時~14時

場所:茨城マルシェビストロ

茨城マルシェ(外部サイトへリンク)
写真:茨城マルシェの外観

東京都中央区銀座1-2-1紺屋ビル1F

電話番号:03-5524-0818(代表)

 

マルシェ10時30分~20時00分

ビストロ(ランチ)11時00分~17時00分

(サラダバーは14時00分まで)

(ディナー)17時00分~23時00分

(日曜・祝日は21時00分まで)

 

茨城の農産物が一堂に会する「食の祭典」!
茨城をたべよう収穫祭

 

写真:茨城をたべよう収穫祭の様子1 写真:茨城をたべよう収穫祭2

日時:平成29年10月28日(土曜日)10地~16時、29日(日曜日)10時~15時30分

場所:霞ヶ浦総合公園(土浦市大岩田1051)

茨城県最大の食のイベント「茨城をたべよう収穫祭」。5回目を迎える今年は、土浦市での開催となります。土浦の名産品はもちろん、茨城県内各地の新鮮で安全な農林水産物や、茨城県産の食材を活かしたグルメがこの会場に一堂に会します!当日は、茨城県にゆかりのある芸能人、スポーツ選手、有名シェフ等の出演によるステージイベントや、飲食ブース、文化交流・行政ブース等、約200のブース出展が予定されています。

収穫祭へぜひお越しください。

(主催:茨城県、土浦市後援:茨城をたべよう運動推進協議会)

 

■霞ヶ浦総合公園へのアクセス

【自動車】常磐自動車道桜土浦ICからR354経由で約15分

【電車】常磐線土浦駅下車東口より無料シャトルバス運行バス乗車15分

■お問い合わせ

茨城県農林水産部販売流通課電話番号:029-301-3894

 

茨城のグリーンツーリズム

茨城県は、海・山・湖・森林など自然豊かな地域ながら、都心から近くアクセスが良好です。また、広大な農地、温暖な気候に恵まれ、農業も盛ん。そんな魅力ある茨城県は、農業・農村に関心のある都市部の人々が増える中、グリーンツーリズムに力を入れています。ここでは、いろいろな“田舎体験”をご紹介します!

茨城むらまちネットとは?

茨城むらまちネットは、県内で都市と農村の交流活動を実践されている方々が、幅広く情報交換できる体制をつくり、それぞれの活動を発展させることによって、本県の農山漁村地域の活性を図ることを目的に平成22年9月に設立された組織です。この組織を通じて、会員同士がそれぞれ情報交換を行い、ネットワークづくりを行うことで積極的な活動に繋げています。

画像:茨城むらまちネット(外部サイトへリンク)

会員数は?

茨城むらまちネットの会員数は、団体・個人併せて42会員(団体:28、個人:14)が所属しています。(平成29年8月18日現在)

また、月1回程度、会員同士情報交換を行っており、それぞれの活動の有意義な意見交換や交流の場となっています。

 

茨城のグリーンツーリズムの一部をご紹介します!

写真:笠間クラインガルテン
笠間クラインガルテン

平成13年4月に首都圏で初めてオープンしたクラインガルテン施設が「笠間クラインガルテン」です。クラインガルテンとは、主に滞在型市民農園を指し、ここ笠間では滞在型市民農園、日帰り市民農園、農産物直売所、ジャム工房などの施設を有しています。現在、滞在型市民農園は利用率ほぼ100%で、毎年抽選や面接により入居者を選定しているほどで、県外の方々から大変好評の施設となっています。

この他にも季節ごとに変わった催しが行われ、栗拾いやブルーベリー狩りなど多岐に渡る体験が楽しめます。

住所:笠間市本戸4258

電話番号:0296-70-3011

写真:朝日里山学校
朝日里山学校

朝日里山学校は、平成16年に廃校になった木造の小学校(旧朝日小学校:昭和30年建築)を活用した体験型観光施設です。木造平屋建ての建物をできる限り残したうえで、里山文化を体験できるよう、施設ではピザ作り体験、手打ちそば体験、ジャム作り体験、味噌作り体験など多彩なメニューが揃っています。

住所:石岡市柴内630

電話番号:0299-51-3117

写真:たかはら自然塾
たかはら自然塾

たかはら自然塾は、平成19年3月に廃校となった高原小学校をリニューアルしてできた自然環境を活用してさまざまな体験ができる施設です。こんにゃく作り体験、餅つき体験、しめ飾り作り体験、こけ玉作り体験などの常時開催している体験メニューの他、渓流登り&ミニトレイル、ひのきベンチ作り体験などの季節ごとに体験できるメニューも豊富に取り揃えています。このほか、「里山づくり隊」というボランティア組織に加入し、自然を身近に体感しながら通年でさまざまな体験をすることもできます。

住所:石岡市柴内630

電話番号:0299-51-3117

上記は一例です。そのほかの体験メニューや交流施設は下記ホームページよりご覧いただけます。

いばらきのグリーン・ツーリズム(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

知事直轄広報広聴課広報戦略室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?