ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > 東京都中央卸売市場の青果物取扱高14年連続日本一!

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2018年8月31日

東京都中央卸売市場の青果物取扱高14年連続日本一!

8月31日は「やさい“831”の日」

~首都圏の台所農業大国茨城~

 

8月31日は「やさい“831”(野菜)の日」です。茨城県産青果物は、東京都中央卸売市場の青果物取扱高が14年連続で日本一(※平成16~29年の取扱高)で、首都圏の食卓を支える大きな存在となっています。また、農林水産省が発表している農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)統計資料では、農業産出額においても、北海道に次いで9年連続全国2位(※平成20~28年の産出額)と、温暖な気候、肥沃な大地に恵まれた茨城県は、まさに「食の宝庫」そして「首都圏の台所を支える農業大国」といえます。近年は、産地独自の野菜の生産に取り組んでおり、地理的表示(GI)保護制度※に登録された“江戸崎かぼちゃ”や“柔甘ねぎ”など、全国のみならず世界に向けてブランディングを進めています。今回は、茨城でブランディングに取り組んでいる野菜5種をご紹介します。

なお10月には県産食材を食べて地産地消を推進する取り組みのひとつ、茨城の「うまい!」が大集合する県内一大フードマーケットイベント「茨城をたべよう収穫祭2018」を実施。今年6年目を迎える本イベントには約150のブースが軒を連ねます。

 

地理的表示(GI)保護制度-地域には、伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついている産品が多く存在しています。これらの産品の名称(地理的表示)を知的財産として登録し、保護する制度です。

 

全国そして世界へ!茨城が誇るブランド野菜のご紹介

江戸崎かぼちゃな生産地:稲敷市(旬:5~7月)

国内で最初にGI(地理的表示保護制度)登録

茨城県南部にある稲敷台地の関東ローム層で45年以上栽培され、平成27年に国内で最初の地理的表示(GI)保護制度に登録されました。

江戸崎かぼちゃは、畑でたっぷりの太陽光を浴び完熟するのを待ってから収穫します。甘さも栄養価もしっかりと詰まった江戸崎かぼちゃは、ホクホク食感と甘さを楽しめる収穫したてが食べごろです!

 

水戸の柔甘ねぎな生産地:水戸市(旬:11~7月)

驚くほどの柔らかさと甘さ

今年、地理的表示(GI)保護制度に登録された“柔甘(やわらか)ねぎ”。名前の通り柔らかく甘みがあり、生でサラダとしても美味しく召し上がっていただけるのが特徴です。ビニールハウスの中で育て、有機質肥料を使った土づくりにより実現した、甘さと柔らかさ!

さらには、GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)※により品質管理を徹底しています。

 

GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。(農林水産省ホームページより)

 

ちぢみ小松菜な生産地:鉾田市旬:12~3月

えぐみが少なく、生でも美味しい

の表面にしわの寄った、ブーケのような見た目のちぢみ小松菜。冬場の霜に当てることで、葉に厚みとちぢれが生じて甘みが増し、生でも美味しく食べられます。

茨城県内では、粘土質の関東ローム層の土壌と寒暖差が大きい太平洋沿岸の「鹿行(ろっこう)」地区で盛んに生産しています。12月から3月が最盛期で、冬だけの特別な小松菜です。

 

奥久慈なすな生産地:県北エリア旬:6~10月

みずみずしく、甘みのある味わい

久慈川の清流と里山が美しい県北エリアを中心に育てられる奥久慈なすは、アクが少なくフルーティーな甘みと皮の柔らかさで、煮る・焼く・炒めるなど、様々な調理に向いています。畜産が盛んな土地柄を活かし、十分に熟成させた良質な牛糞たい肥等を使用し、実にしっかりと光が当たるよう、葉をV字に剪定するこだわりの栽培によって黒いダイヤのような美しさと味わいを実現しています。

 

惚ろ(ほろ)にがうりな生産地:古河市旬:6~8月

肉付きが良く、苦みが少ない

沖縄など九州地方を中心に栽培されるにがうりですが、実は茨城県でも生産されています。肉付きが良くて苦味が少なく、色鮮やかなグリーン色が特徴で、“惚ろにがうり”の愛称で親しまれています。

きめ細やかな管理により高い品質を保ち、市場から高い評価を受けています。

 

 

パワーアップして開催!
茨城の農林水産物が一堂に会するフードマーケットが出現!

茨城をたべよう収穫祭2018

日時:平成30年10月13日(土曜日)9時~16時
14日(日曜日)10時~15時30分
※雨天決行、入場無料

場所:山吹運動公園(常陸太田市新宿町1)

 

茨城県最大の食のイベント「茨城をたべよう収穫祭」。

6回目を迎える今年は、常陸太田市の山吹運動公園で実施します。

当日、園内には、約150のブースが出展します。本県が誇るブランド牛「常陸牛」とオリジナル品種米の「ふくまる」がコラボした「究極のローストビーフ丼」の販売や、いばらき食のアドバイザーの鎧塚俊彦シェフや神保佳永シェフの料理ブースなど、この日限りのイベントが盛りだくさん!

さらに、いばらき大使の蝶野正洋さんによるトークショーや、納豆の妖精ねば~るくんによるパフォーマンスなど家族で楽しめるステージイベントもご用意しています。茨城をたべよう収穫祭へぜひお越しください。

  • 主催:主催:茨城県/常陸太田市
  • 後援:茨城をたべよう運動推進協議会
  • 山吹運動公園へのアクセス
    JR常陸太田駅、常陸太田市役所、常陸太田合同庁舎、栄町広場より会場まで無料シャトルバスを運行します。
  • お問い合わせ:茨城県農林水産部農業政策課話番号:029-301-3894


究極のローストビーフ丼

 


昨年の会場の様子

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーション戦略チームプロモーション

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?