ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > 平成最後の年末は奇祭で締めくくる!いばらきの祭り~冬編~

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2018年11月21日

平成最後の年末は奇祭で締めくくる!いばらきの祭り~冬編~

師走の夜空で熱い提灯バトル!
古河提灯竿もみ祭り

古河市日時:12月1日(土曜日)16時00分~21時00分頃(雨天決行)

場所:古河駅西口おまつり特設会場(古河市本町1丁目1)

「古河提灯竿もみまつり」は、長さ20メートルほどの竹竿の先につけた提灯を激しくもみ合いながら、相手の提灯の火を消し合う勇壮な祭りで「関東の奇祭」と呼ばれています。その歴史は古く、江戸時代にまでさかのぼります。古河藩領(現・栃木県野木町)であった野木神社の神官が、神社の神領である七ヶ村の末社をめぐる「七郷めぐり」を終え、12月3日未明に帰社するのを提灯を持って出迎えた人々が、寒さをしのぐために身体をもみ合ったのが始まりと言われています。今年で開催158回を数える伝統の祭り。大歓声が響く中、燃える提灯の火が古河の夜空を彩ります。

 

竿もみ祭りの様子1 竿もみ祭りの様子2

動画でもチェック!(外部サイトへリンク)

当日のタイムスケジュール

16時15分どもパレード出発

16時50分会式

17時15分ども部門(1部、2部)

18時00分人部門(競技もみ)

19時50分人部門(自由もみ)

20時35分会式

 

アクセス

電車/JR宇都宮線・湘南新宿ライン「古河駅」下車西口徒歩1分

車/東北自動車道喜ICより約30分野藤岡ICより約40分林ICより約30分

圏央古河ICより約30分

問い合わせ先

古河市観光協会(外部サイトへリンク)
☎0280-23-1266

 

 

豊作と健康を願い一人前8合のメガ盛りご飯に挑む
大飯まつり

桜川市

日時:12月9日(日曜日)11時00分~

場所:下泉公民館(桜川市下泉374-3)

桜川市下泉地区の鹿島神社の氏子に伝わる「大飯祭り」はその年の作物の実りを神に感謝するとともに、人々の健康を願うための行事です。集まった人の前に並ぶ御膳には、高く固められた物相(モッソウ)といわれるご飯が盛られます。その量は何と8合分。食べきる前にはまた追加で盛られ・・・祭りのフィナーレは、笑いと拍手と満腹感でいっぱいです。大飯祭りは日本古来の地域にある伝統文化を現代まで継承している貴重なお祭りです。

大飯祭りの様子1 大飯祭りの様子2

 

アクセス

電車/JR水戸線「岩瀬駅」よりバスで長岡にて下車。下車後徒歩約15分

車/北関東自動車道川筑西ICより約5分
常磐自動車道浦北ICより約50分

問い合わせ先

桜川市観光協会(外部サイトへリンク)
☎0296-55-1159

 

 

悪態が飛び交う、でもハートフルなお祭り
悪態まつり

笠間市

日時:12月16日(日曜日)13時30分~17時00分頃(雨天決行)

場所:愛宕神社・飯綱神社(笠間市泉101番)

「悪態まつり」は、その名のとおり、この日ばかりは無礼講で悪口を言っても許される奇祭です。愛宕山頂にある愛宕神社北側の飯綱神社(いいつなじんじゃ)の神職と一緒に、白装束で天狗の格好をした13人の

天狗が16ヶ所の祠へお供え物をして回ります。この時参拝者は「ばかやろう!」「早く歩け!」など悪態(悪口)を言い合いお供え物を奪い合います。しかし天狗は、どんなことを言われようとお祭りの間は一切言い返すことなく黙って祠に供え物をします。

そのお供え物を持ち帰ると、「無病息災」、「家内安全」、「五穀豊穣」のご利益があるとされていることから参拝者は先を争ってお供え物を奪い合います。老若男女、誰もがにこやかに悪態を放つお祭り。何故か見ているだけでとってもハッピーな気持ちになる不思議なひとときです。

 

悪態まつりの様子1

悪態まつりの様子2

動画でもチェック!(外部サイトへリンク)

 

アクセス

電車/JR常磐線「岩間駅」下車タクシーで約10分

車/北関東自動車道部ICより約15分
常磐自動車道間ICより約15分

問い合わせ先

愛宕神社
☎0299-45-5637

 

 

参加自由!無病息災を願い炎の中を歩く!
火渉祭

桜川市

日時:12月22日(土曜日)12時開始・13時着火(雨天決行)

場所:加波山三枝祇神社かばさんさえなづみじんじゃ

(桜川市真壁町長岡809)

俗に「火わたり」と呼ばれる奇祭で、神社境内に薪を積み上げ火焔(かえん)を焚き、燃え盛る薪の上を素足で踏み渉り無病息災を祈るお祭りです。

室町時代から続く伝統行事で、かつて修験者の荒行として行われていました。今年1年の厄をはらい、来年の無病息災などを祈願しながら、善男善女が裸足で火を踏みわたります。このときの燃えさしを持ち帰り軒先に吊るしておくと”風邪ひかぬ””病気にならぬ”といわれ、参加者見物人は早いもの勝ちに拾い競い合う風景が見られます。

火渉祭の様子

 

アクセス

電車/JR水戸線「岩瀬駅」よりバスでタクシー約15分

車/北関東自動車道川筑西ICより約15分
常磐自動車道浦北ICより約50分

問い合わせ先

桜川市観光協会(外部サイトへリンク)
☎0296-55-1159

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーション戦略チームプロモーション

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?