ホーム > 茨城で暮らす > 生活 > 国際交流 > 国際交流課の紹介 > 多文化共生社会推進事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

多文化共生社会推進事業

茨城県には様々な外国籍の方が暮らしており、現在では5万8千人を超える方が在住しています(平成28年12月末現在)。多文化共生社会実現のためには、国籍に関わりなく県民一人ひとりが、お互いの文化や生活習慣を理解し、協力し合いながら、地域の一員として地域づくりを進めていくことが必要です。
本県では、多文化共生社会づくりを推進するため、主に次のような事業に取り組んでいます。

  1. 外国人子ども支援拡充事業
  2. 在住外国人防災協力者育成事業
  3. 多言語による情報発信
  4. 外国人相談体制の充実・周知
  5. その他、外国人の受入れ環境整備に関すること

外国人子ども支援拡充事業

本県在住の外国人の子どもを支援するために、次のような事業に取り組んでいます。

職業体験の実施

平成29年10月~11月にかけて,県内2つのブラジル人学校の生徒6名(中学生4名・高校生2名)が,保育所や照明器具の製造工場で,1日職業体験を行いました。

(協力:常総市立第3保育所,BIS株式会社茨城工場(敬称略))

保育士体験保育士の体験

照明器具の製造工場で作業の説明を受ける生徒たち

 

進路に関する多言語ガイドブックの作成

進路ガイドブック(5か国語・日本語併記、平成25年度作成)

英語(PDF:4,503キロバイト) 中国語(PDF:4,777キロバイト) ポルトガル語(PDF:4,425キロバイト)
スペイン語(PDF:4,547キロバイト) タガログ語(PDF:4,700キロバイト)  


キャリアガイドブック(5か国語・日本語併記、平成25年度作成)

英語(PDF:1,524キロバイト) 中国語(PDF:1,465キロバイト) ポルトガル語(PDF:1,418キロバイト)
スペイン語(PDF:1,617キロバイト) タガログ語(PDF:1,594キロバイト)  

在住外国人防災協力者育成事業

在住外国人への防災知識の普及や、災害時において在住外国人が被災者支援の担い手となって頂けるよう育成することを目的に研修会を実施しています。

多言語による情報発信

茨城県の情報を多言語で発信しています。

多言語ホームページ

英語

中国語

韓国語

ポルトガル語

タイ語

タガログ語

スペイン語

インドネシア語

ベトナム語

茨城県紹介誌

英語(PDF:1,726キロバイト) 中国語[簡体字(PDF:3,567キロバイト)][繁体字(PDF:4,135キロバイト)
韓国語(PDF:2,086キロバイト) ベトナム語(PDF:1,317キロバイト)

外国人相談体制の充実・周知

外国人相談関係者・機関の連携促進と相談担当者の資質向上を目的として、市町村等外国人相談担当者研修会を実施しています。

平成28年度実績

日時 平成28年11月25日、13時~15時
場所 茨城県土浦合同庁舎
参加者数 約60名(市町村職員、国際交流協会員、ボランティア、弁護士等)

 

国や県における外国人受け入れ動向、茨城県国際交流協会の外国人相談センターにおける相談状況等の説明後、グループワークを行い、相談時における課題等について話合いを行いました。

 

[参考]公益財団法人茨城県国際交流協会の外国人相談センター(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部国際交流課多文化共生

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2853

FAX番号:029-301-1375

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?