ホーム > 茨城を知る > 行財政改革 > 政策評価 > 公共事業等の事業評価 > 公共事業の再評価について > 平成14年度 > 平成14年度公共事業再評価委員会現地調査の結果の概要について

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

平成14年度公共事業再評価委員会現地調査の結果の概要について

政策審議室

1.日時

平成14年10月17日木曜日午前9時30分~

2.場所

海岸浸食対策事業旭海岸

鹿島郡旭村玉田地先

大谷原川総合開発事業大谷原川ダム

西茨城郡七会村七会村役場及び現地

3.内容

(1)海岸浸食対策事業旭海岸

現地で鉾田土木事務所や地元村役場等の行こうについて説明を受けた後,意見交換を行いました。「ヘッドランドを整備しないと,どの程度の浸食になるか」などの質問があり,村は「整備前はかなりの浸食があったが,整備後は砂浜が甦りつつあるため,この事業を是非進めて欲しい」と答えました。

(2)大谷原川総合開発事業大谷原川ダム

七会村役場で阿久津七会村長から旭村役場の意向について説明を受けた後,意見交換を行いました。さらにダム予定地の調査横坑に入り地盤の状況などを調査しました。村からは「徳蔵(とくら)地区(1,400人)の生活用水は自家井戸(浅井戸)に頼っているが水質が悪く,水量も不足しており水源の確保が急務である。夏場の渇水時には給水車の要請もある。ダムに限らずどのような方法を用いても水源を確保したい」,「道路の拡幅も考えていたが,とにかく生活用水が欲しい」などの意見がありました。

4.現地調査状況


現地調査状況の様子現地調査状況の様子

平成14年度公共事業再評価委員会現地調査議事録

このページに関するお問い合わせ

政策企画部政策調整課政策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2025

FAX番号:029-301-2039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?