ホーム > 茨城を知る > 行財政改革 > 政策評価 > 公共事業等の事業評価 > 公共事業の再評価について > 平成14年度 > 平成14年度第2回公共事業再評価委員会の開催結果について

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

平成14年度第2回公共事業再評価委員会の開催結果について

政策審議室

1.日時

平成14年10月11日金曜日午後1時30分~

2.場所

茨城県庁5階庁議室

3.審議結果について

第1回委員会で抽出された下記の4事業について詳細
審議を行いました。

主な質疑は以下のとおりです。

(1)大谷原川総合開発事業大谷川原ダム

「費用対効果の積算基礎をもっと分かりやすくする必要がある」,「村の人口動向はどうなっているか,ダムの他に水源を確保する方法を検討しているのか」などの意見がありました。

事務局は「計画人口は下方修正されている。他の水源確保の検討結果については次回の委員会で報告したい」と答えました。

(2)伊奈・谷和原丘陵部一体型特定土地区画整理事業関連事業

「従来の発想でなく,このまちならではという差別化を考えるべき」,「沿線地域のような人のいないところに人を集めるのは難しい。余り焦らず段階的な施工がよい」,「住宅需要・土地需要の見通しが計画当初とは随分変わっている。計画に活かされているのか」などの意見がありました。

事務局は「住宅需要等の見通しについては昨年度資料を提出したが,再度調整のうえ次回提出したい」と答えました。

(3)海岸侵食対策事業旭海岸

「海岸侵食の原因は」,「今後は景観を考えた公共事業が必要」などの意見がありました。

事務局は「侵食の原因は,河川からの土砂供給の減少や海流等の影響など原因は複合的」と答えました。

(4)街路改良事業松岡町上小橋線

「事業用地の取得状況はどうなっているのか」などの意見がありました。

事務局は「75%の用地取得が完了している」と答えました。

4.審議状況


審議の様子の写真
平成14年度第2回公共事業再評価委員会議事録

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部政策調整課政策

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2025

FAX番号:029-301-2039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?