患者の皆さまへ

放射線診断科

 
医師名 専門領域 その他
医長
児山 健
○画像診断
○IVR
日本医学放射線科学会(専門医)
日本IVR学会(専門医)
医員
伊藤 裕太
○画像診断
日本医学放射線科学会(専門医)
医師
檜山 貴志 
○画像診断
○IVR 
日本医学放射線科学会(専門医) 
医師
 織田 潮人
○画像診断
○IVR 
日本医学放射線科学会 
非常勤医師
佐藤 始広
○画像診断
○核医学
○IVR
日本医学放射線学会専門医
日本核医学会専門医
PET核医学認定医
日本磁気共鳴医学会
日本分子イメージング学会
北米放射線学会
米国核医学会
非常勤医師
塩山 靖和 
   

放射線治療科

医師名 専門領域 その他
放射線治療センター長
玉木 義雄 
○各種癌の放射線治療   日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会(共同認定治療専門医)
がん治療認定医
日本頭頸部がん学会(評議員)
日本リンパ網内系学会(評議員)
日本ハイパーサーミア学会(指導医、評議員)
日本肺癌学会、日本乳癌学会、日本核医学学会、日本癌治療学会、日本小児がん学会
日本定位放射線治療学会、日本食道がん学会 

医員
林 靖孝
○各種癌の放射線治療 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会共同認定(治療専門医)
 医員
牧島 弘和
○各種癌の放射線治療 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会 
診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

放射線診断科は,画像診断・Interventional radiologyを中心に,地域中核病院として十分な設備と人員で検査・治療に対応させていただいており,県民の皆様,地域の診療機関のご利用をお待ちしております。
放射線診断科では院内症例のみならず,近隣の開業医の先生方や県内の多くの医療機関の先生方から,CT,MRI,核医学検査,PET検査の依頼をお受けし,その検査に対する読影報告を行っております。各医療機関での画像診断でお困りの症例がありましたら,当院地域連携医療室を通じて何なりとご相談くださいますようお願い申し上げます。以下に,当院の主な医療機器の稼働状況と検査状況について記載します。
1)CT検査
現在は3台のマルチスライスCTが稼働しています。従来のSiemens Definition AS+GE healthcare HD750に加えて,今年からSiemens Definition Flashという最新悦の管球が2つ搭載された機種が導入されました。これにより今まで以上にハイスピードな撮影が可能となり息止めが不良な患者様や心臓CTも今まで以上に良好な画像が得られるようになりました。また,管球が2つあるので,異なるエネルギーのCT画像を同時に撮影,その画像からmonochromatic imageの作成や,ヨード密度や尿酸を強調した画像を得たりすることが可能となります。

2)MRI検査
現在2台のMRIが稼働しております。1台は1.5Tの超伝導機(Siemens Avanto)で平成18年に更新しました。全身スキャンが可能な装置です。さらに,平成22年度から3.0Tの最新型の超伝導装置(Siemens Verio)が稼動しています。この装置は,True Pointというmulti-transmit技術を用いることで,これまで3.0T装置では撮像が難しかった腹部領域などでも良好な画像を得ることが可能となっています。また,新たなアプリケーションにより磁化率強調画像などを得たり,三次元のT2強調画像やSTIR画像のthin sclice画像の取得が可能となり,より多くの疾患により詳細な情報を得ることが可能となりました。

3)核医学・PET検査
本院では,平成18年3月からPET/CT装置が稼働しておりますが,今年からSiemens Biograph mCTが導入されました。PET検査はFDGというグルコース誘導体を用いた糖代謝を利用したがん診断の検査です。本検査によりFDGによる腫瘍の検出とCTによる解剖学的情報が同時に得られることで,がんの転移や拡がりの診断が全身を一度にかつ正確に行うことが可能となります。今年導入されたSiemens Biograph mCTは以前の機種よりPETの感度が良くなり,より小さな病変も抽出可能となりました。また,自由呼吸下で撮影するPETは呼吸に弱いですが,呼吸同期機能が搭載され,より小さな肝病変の検出も可能となりました。検査は多くの病院・医院から検査依頼も受けておりますので,詳しくはホームページ等をご覧ください。
一般の核医学検査においてもCT付きのSPECT装置(Siemens Symbia)を導入し,核医学画像とCT画像との癒合画像を用いた診断を行い,これまでのSPECT単独の装置と比較して高い診断が得られます。
また,放射性同位元素をもちいた内用療法として,種々の悪性腫瘍の骨転移の疼痛緩和のためのSr-89療法,低悪性度悪性リンパ腫に対するYe-90標識抗CD-20抗体療法を開始しています。いずれも,放射性同位元素の静注による新しい治療法です。詳しいことは本院射線科までお問い合わせください。
4) 読影
CT,MRI,PET検査等に関しましては院外からのご依頼の検査につきましては,迅速に報告書を作成し,Faxで所見を送付いたしております。また,DICOMというフォーマットのソフトが付いた形でDVDにて画像を送付させていただいております。
5)Interventional radiology
今年,新たにSiemens Artis ZEE血管造影装置とSomatom Emotion CTのIVR-CTが導入されました。
IVRとは,X線透視下にカテーテルを用いて血管を塞栓,拡張,または経動脈的に抗癌剤を注入したりする血管内治療,あるいはCT,エコーなどの画像機器を用いて経皮的に行う生検や膿瘍ドレナージ等などの総称であります。当科で特に行っていることは肝細胞癌に対する動注塞栓療法や頭頸部癌の動注療法,喀血,消化管出血,外傷の出血,術後出血の塞栓術や末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)に対する血管拡張術,深部静脈血栓症に対するIVC filter留置術,全身化学療法や在宅高カロリー療法のためのCVポート造設(中心静脈ポート),CTガイド下生検,ドレナージなどです。これ以外にも様々なことを多数行っておりますので御気軽にご相談ください。また,当科では病診連携を通しCT,MRI検査などにもお応えしておりその結果をふまえてIVRで治療できないかなども御気軽にご相談下さい。保険適応外ではありますが子宮筋腫の塞栓術,圧迫骨折に対する椎体形成術なども自由診療での施工を計画中です。


(2)放射線治療センター
放射線治療は, 主に各種がんの治療において, その様々な局面(病期によりません)で活躍できる治療です。 その特徴として,「生体の形と機能をできるだけ守って病気の根治を目指せること」や「年齢や持病等の問題があっても, 他のがん治療に比べて治療を受けられることが多いこと」, 「近年の技術発展が顕著であり, 従来以上に少ない副作用で, より高い治療効果を得られるようになったこと」などが挙げられます。 社会の高齢化が進み, がんを患う方が増えたという現在の日本の社会においてはまさに「ぴったりのがん治療」といえるかもしれません。
当院の放射線治療センターは, 常勤医3名(2名の放射線治療専門医)の他, 放射線治療に専従する6名の診療放射線技師(1名の放射線治療専門放射線技師), 2名の看護師(1名のがん放射線療法看護認定看護師), 放射線治療に専従する医学物理士1名, 受付担当者1名を有しています。 高精度な放射線治療を患者様に提供するにあたって必要な資格を有するスタッフがバランスよくそろっているという点では県内随一の施設といえます。
治療装置は, 2機のリニアック(体外から放射線をかけて治療する治療装置)の他に子宮がん治療等で活躍する小線源治療装置を備えています。 これらの装置により, 最も精度の高い放射線治療といわれる「定位放射線治療(いわゆるピンポイント照射)」や「強度変調放射線治療(IMRT)」の実施が可能です。 前者は「脳内病変(脳への転移病変など)」を1-2mmとずれない精度で狙い撃つことができ, また肺や肝臓といった呼吸により大きく動く臓器の病変もその動きに合わせて正確に狙い撃つことができます。 IMRTにおいては特に前立腺癌や頭頸部癌(喉頭癌や咽頭癌など)において, 従来の治療に比し少ない後遺症リスクで根治を目指すことができます。
がん治療の全ての病期において(即ち初期のがんであっても)治療をより良い状態で受けていただくために行われる緩和ケアは, 病院のがん診療機能において欠かすことはできません。 放射線治療はその緩和ケアにおいても重要な役割を担っております。 僅かでも患者様・御家族様の支えの一部になれるようスタッフ一同協力し診療にあたらせて頂いております。

県内初の冷凍手術器(CryoHit)導入
県立中央病院は体に優しいがん治療、冷凍治療を開始します

▲ ページトップへ戻る
© 2008 Ibaraki Prefectural Central Hospital.All Rights Reserved.