茨城県こころの医療センター

トップページ > 病院紹介

病院紹介

 「茨城県立こころの医療センター」は,昭和25年に設置された茨城県立内原精神病院を母体に昭和35年現在地に開設した「茨城県立友部病院」から平成23年4月に名称変更をいたしました。
 開設当初から,社会復帰促進を念頭においた積極的な開放的治療を導入し,精神障害を持つ多様な患者の外来,入院治療に努めてきました。
 現在も,県内における精神科医療の基幹病院として,患者の人権尊重を基本としながら作業療法,レクリエーション療法,精神科デイケア,訪問看護などに取り組み,患者の社会復帰に成果を上げております。
 平成14年7月からは,こころの悩みを持つ子供たちの受入体制充実のため児童・思春期専門病棟「つくし」を開設,平成19年4月には,警察官通報による救急患者について24時間対応を開始するなど積極的に県内精神科医療の基幹病院として取り組んでまいりました。
 平成23年10月には,新病院をオープンさせるとともに,同時に本県初となる医療観察法病棟を設ける等更なる政策医療の強化を図っていきます。
 一方,精神科医療の実習・研修病院としても,県内看護学校,茨城県立医療大学,筑波大学等の学生を多数受入れるとともに,医師臨床研修の協力病院として医療従事者の養成と医療水準の向上に努めています。

基本理念

基本方針

病院の概要

沿革

敷地のあゆみ

 

▲このページの先頭へ