茨城県こころの医療センター

トップページ > 病院紹介 > 沿革

沿革

昭和25年 5月 茨城県立内原精神病院開設
(東茨城郡鯉渕町(現在の水戸市(旧内原町))
昭和32年 10月 茨城県立内原病院と改称
昭和35年 8月 茨城県立友部病院開設
写真
開院当時の病院
昭和41年 7月 院内に社会復帰中間施設「あおい荘」を開設
写真
あおい荘
昭和42年 4月 日本精神神経学会より「呉秀三賞」受賞
写真
受賞記念撮影
昭和55年 7月 厚生省認可「精神科デイケア施設」として開所
昭和61年 8月 運動療法(精神科作業療法)の施設基準の承認
平成元年 10月 応急入院指定病院に指定
平成5年 7月 「茨城県立友部病院将来構想」策定
平成6年 3月 「茨城県立友部病院改築整備基本計画」策定
平成6年 4月 プロジェクトチーム「社会生活支援室」を設置
平成8年 10月 精神科救急の実施(精神保健福祉法第24条適用)
平成12年 10月
茨城県立友部病院開設50周年記念式典
写真
50周年記念式典
平成14年 7月 児童・思春期専門病棟(つくし)開設
平成16年 3月 精神科救急を平日夜間まで拡大
平成16年 4月 「社会復帰支援室」を設置
平成18年 4月 地方公益企業法全部適用
平成19年 4月 精神保健福祉法第24条に基づく警察官通報について
,24時間 365日受け入れを開始
平成20年 2月 「県立友部病院整備基本計画」策定
平成23年 4月 「茨城県立こころの医療センター」に名称変更
平成23年 10月
新病院完成
写真
新病院外観
平成25年 8月
全国自治体病院協議会精神科特別部会 第51回総会・研修会開催

▲このページの先頭へ