茨城県こころの医療センター

トップページ > リハビリテーション科について > デイケア部門

デイケア

精神科デイケアでは,ご利用される方の

抱える悩みに対して,また社会復帰のため

必要な生活能力の回復を目的にプログラム

に沿ってグループ活動を中心に治療する

ところです。


デイケア目的

参加されている方々

スタッフ紹介

 スタッフは,医師1名・看護師3名・作業療法士1名・精神保健福祉士1名で対応します。

活動日と活動時間

1日の流れ
8:45 集合
8:50 診察
9:00 ミーティング
9:30 ラジオ体操
プログラム
11:50 お昼・休憩
12:30 出席・お掃除
13:00 体操又は脳トレ
プログラム
15:15 アフターミーティング






午後(予約制)
12:15 集合
12:20 診察


☆印刷用 1日のながれ(PDFファイル)

☆印刷用 平成31年3月(2月28日掲載)のプログラム(PDFファイル)

プログラム紹介

喫茶
「やすらぎ」
メンバーが中心になって運営している喫茶店です。
受付・接客係り・厨房・洗い場に分かれて働きます
ぷるみえ 午前中に日替わりで行うプログラムです
月の初めには皆さまで話し合いをして種目を決めています
ウォーキング 1~3kmの距離(図書館等まで)を休憩をとりながら歩きます。
景色を楽しみながら、みんなで歩いて体力アップ?
軽スポーツ 軽い運動で、ストレス発散・気分転換をしましょう!!
卓球・ペタンク・室内ゲートボール・グラウンドゴルフ・風船バレー・ユニカール・バドミントン・・・・
手工芸 自分の好きな作品を作ります。
集中力を高めましょう。ミサンガ・編みもの・ぬり絵・革細工・・・・
園芸 畑に作物を植える → 草取り → 収穫 → 試食や販売
自然と触れ合うと、気分がやわらぎます
自主活動 好きな種目を自分で選び、楽しく過ごします。トランプ・卓球・マージャン・カラオケ・・・
外来講師 ボランティアの先生から直接指導が受けられますリハビリ体操(第1水)・七宝焼(第1金)・レクリエーション(第2金)・ペン習字(第4水)
アサーション 上手に気持ちを伝えるプログラムです
いろいろな気持ちを相手に穏やかに伝えることで、トラブルにならないコミュニケーションを練習します
やわらか
あたま教室
自分の考え方のクセを知るプログラムです。クイズなどに取り組んで頭のストレッチをしましょう。※1クール10回。事前申込制です
WRAP(ラップ) 自分の病気と上手につきあうためのものです
作業体験 就労支援B型作業所などでの作業と同じような作業をすることで次へつなげます。

※その他,ひだまり(日直など自主的に運営します)・実行委員会(イベントや旅行の計画をします)があります。
※個別に,担当スタッフが面談を行います。

プログラム説明

プログラムについての詳しい説明は以下をクリックしてください

デイケア利用の流れ

医師の診察 → 見学 → 利用開始

年間行事

6月 バス旅行
7月 納涼会
9月 収穫祭
10月 病院文化祭(希望者の作品出展)
11月 バス旅行
12月 クリスマス会(H30年12月更新)
1月 餅つき大会(H31年1月更新)
2月 友部図書館ギャラリー展示会

リンクをクリックすると(様子)写真が見られます。

費用

各種健康保険および自立支援医療制度が使えます。

デイケアの1日あたりの料金(目安・四捨五入)
自立支援制度を 利用する
1割負担
利用しない
3割負担
デイケア(利用1年未満) 820円 2470円
デイケア(利用1年以上) 770円 2320円
ショートケア(半日)1年未満 420円 1270円
ショートケア(半日)1年以上 400円 1210円

自立支援医療制度(精神通院医療)については、

当院のソーシャルワーカーにご相談ください


その他


▲このページの先頭へ