ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 土木部 > 出先機関 > 常陸大宮土木事務所大子工務所 > 国道118号袋田バイパス 南田気大橋の供用を開始します

ここから本文です。

国道118号袋田バイパス 南田気大橋の供用を開始します

令和元年7月10日(水曜日)午前10時に国道118号袋田バイパス南田気大橋の供用を開始します。

国道118号は,茨城県,福島県両県を結ぶ地域開発,産業振興及び観光をになう重要な幹線道路です。袋田地区は屈曲部が多く,また,国道461号と接続しているため,特に観光シーズン時は交通渋滞を起こし住民生活にも支障をきたしています。

このため,袋田周辺の円滑な交通の確保と住民の利便性の向上を図ることを目的として,平成2年度から事業に着手し,バイパス整備を進めています。

今回の供用区間は,久慈郡大子町袋田地内から南田気地内までの南田気大橋を含む約180メートル区間で,既に供用している約2.1キロメートル区間と合わせて,事業区間約3.6キロメートルのうち約2.3キロメートルが供用となります。

0001

 

位置図

 

供用開始箇所

写真