ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 道路・公共交通 > 道路建設 > 道路建設課 > 県道里根神岡上線バイパスの供用開始しました

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

県道里根神岡上線バイパスの供用開始しました

平成29年6月2日(金曜日)午後3時に県道里根神岡上線バイパスの北茨城市関本町関本中地内の約800m区間を供用開始しました。

本バイパスは,東日本大震災時に国道6号が津波により通行止めになったことを踏まえ,国道6号の代替道路として,また,北茨城市民病院へのアクセス道路として,平成23年度より2.0キロメートル区間の整備を進めてきたところでございます。

今回の供用により,北茨城市関本町関本中地内の北茨城市民病院から北側約800メートル区間が供用を開始し,既に供用している約1.2キロメートル区間と合わせて,事業区間約2.0キロメートルが全線供用しました。

これによって,通行車両や歩行者の安全かつ円滑な交通がより一層確保されることに加え,市民病院へのスムーズなアクセスが確保され,北茨城市の発展に大きく寄与するものと期待されます。

なお,供用に先立ち,下記のとおり県主催の開通式典を行いました。

<開通式>
・日時:平成29年6月2日(金曜日)午前10時30分から
・場所:北茨城市関本町関本中地内

<供用区間事業概要>
・事業箇所:北茨城市関本町関本中地内
・延長:800m
・幅員:13.0/6.5m(2車線)
・全体事業費:約15億円

 

関連資料

県道里根神岡上線バイパスの供用開始について(PDF:333KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部道路建設課県道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4431

FAX番号:029-301-4449

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?