ホーム > 圏央道 神崎IC~大栄JCT間が6月7日に開通します。

ここから本文です。

圏央道 神崎IC~大栄JCT間が6月7日(日)に開通します

~常磐道と東関東道がつながります~ 

 

 神崎IC(千葉県香取郡神崎町)~大栄JCT(千葉県成田市)の延長9.7kmの区間が,成27年6月7日(日)に開通することが,国土交通省及び東日本高速道路(株)から発表されました。

 圏央道の整備により、常磐道や東関東道などの放射方向の高速道路を結ぶ道路ネットワークが形成されます。広域的な人・物の交流により民需が拡大し、地域経済の好循環が生まれます。

 

◇開通による主な効果◇

効果(1) 国際競争力と成長~民需の拡大~

  • 環状道路の整備により、沿線に物流施設や工場が立地する等、民間の投資を喚起します。
  • 環状道路の整備に伴い、物流の効率化を目的とした既存施設の集約により、工場などが新たに立地されています。

効果(2) 地域経済の好循環~新たな広域ネットワークの形成~ 

  • 都心を経由せず、埼玉や北関東・東北方面と成田国際空港を結ぶ新たな広域ルートが形成され、人・物の交流が活発となり、地域経済の好循環が期待されます。
  • 今回その第一歩として、圏央道(神崎IC~大栄JCT間)の開通により、常磐道と東関東道がつながります。

詳細について

  詳細については,国土交通省ホームページ(外部サイトへリンク)からご確認ください。

 

今回開通区間の位置図

このページに関するお問い合わせ

土木部道路建設課高速道路対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4439

FAX番号:029-301-4449

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?