ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 道路・公共交通 > 道路建設課 > 交通インフラの整備効果

ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

交通インフラの整備効果

 

交通インフラを整備することによって,大きく分けてフロー効果とストック効果の2つの整備効果が発現します。

 

フロー効果

フロー効果とは,事業中に発生する短期的な効果を指します。

例)建設にあたり発生する雇用や生産

 

ストック効果

ストック効果とは,供用開始後から経済的かつ中長期にわたって発現する効果を指します。

例)交通インフラの充実による企業立地,各地域間におけるアクセス性の向上

 

 

整備効果のイメージ

 

 

(参考)

インフラストック効果(国土交通省HP)(外部サイトへリンク)

暮らしと経済を支えるインフラーインフラで”のび~る”いばらきー

このページに関するお問い合わせ

土木部道路建設課高速道路対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4439

FAX番号:029-301-4449

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?