ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 道路・公共交通 > 道路建設課 > 首都圏中央連絡自動車道の4車線化について

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

首都圏中央連絡自動車道の4車線化について

首都圏中央連絡自動車道(以下,圏央道)は,2017年2月26日に,茨城県内全区間が暫定2車線で開通いたしました。これにより,これまでの東京を中心とした放射状の人や物の流れに新たに都心部を避けた環状の流れが創り出され,観光面・産業面ともに整備効果を発現しております。一方,2車線では渋滞が発生しやすく,事故のリスクが高まるなどの問題も抱えていることから,圏央道の早急な4車線化が求められており,茨城県では,圏央道沿線の都県市や地元市町村などと4車線化を要望してまいりました。

 

圏央道4車線化に向けた要望活動

圏央道ストック効果と4車線化の必要性について(PDF:1,201KB)

 

2017年12月,国より県内区間を含めた圏央道の4車線化について,2022年度から順次供用するとの見込みが示されましたことから,今後,県内の更なる企業立地の促進や広域的な交流の拡大などにはずみがつくものと期待しております。

圏央道(詳細)

圏央道「阿見周辺の交通状況(写真提供:一般財団法人茨城県建設技術公社)」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部道路建設課高速道路対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4439

FAX番号:029-301-4449

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?