ここから本文です。

更新日:2017年1月31日

舗装修繕工事(路面再生)

舗装修繕工事とは,舗装の破損(ひび割れやわだち掘れ等)が進み,早急に補修が必要とされる舗装面を削って,安全で快適に通行できるようにする工事です。

1.施工前

路面にひびわれやわだち掘れができると,走行性が悪化するほか,劣化のスピードが加速的になり,早急に補修が必要になります。

施工前

2.切削状況

路面切削機という大きな機械でアスファルトを削り取りながら,砕いたアスファルト廃材をベルトコンベアーでトラックの荷台へ運びます。

切削状況

3.舗装状況

アスファルトフィニッシャという大きな機械で舗装をします。敷き均し時のアスファルトの温度は概ね120度以上から150度と高温です。舗装後はローラーで転圧して,温度が50度以下に下がったら交通開放します。

舗装状況

4.完成

道路標示(路面標示)を設置して,完成です。安全に通行できるようになりました。

施工後(完了)

このページに関するお問い合わせ

土木部鉾田工事事務所道路管理課

茨城県鉾田市安房1414

電話番号:0291-33-2143

FAX番号:0291-32-5085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?