ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 住環境、県営住宅 > 茨城県高齢者居住安定確保計画の策定について

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

茨城県高齢者居住安定確保計画の改定について

計画改定の趣旨

超高齢社会が到来する中、高齢者が安心して豊かな暮らしを確保するため、長期的に高齢者の住まいの安定を図ることが重要となっております。
このようなことから、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」第4条に基づき、住宅施策と福祉施策が連携をして、高齢者の住まいに係る施策を総合的かつ計画的に展開するための計画である「茨城県高齢者居住安定確保計画」を改定しました。

改定のポイント

「高齢者が安心して暮らせる住まい・生活環境づくり」を基本理念に4つの基本方針を定めて具体的な施策を設定しております。また、今後の高齢者の居住状況を推計し、高齢者施設などの整備についての考え方を示すとともに,サービス付き高齢者向け住宅の登録に関する基準を新たに位置付けました。

計画の概要

計画期間:平成30年度~平成32年度
計画の基本方針
本方針1み続けられる住まい・まちづくり
本方針2齢者のニーズに応じた居住の場の確保
本方針3齢者の住宅セーフティネットの構築
基本方針4域支援体制の構築

ファイルのダウンロード

茨城県高齢者居住安定確保計画(概要)(PDF:132KB)

茨城県高齢者居住安定確保計画(PDF:850KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部住宅課企画調整

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4754

FAX番号:029-301-4779

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?