ホーム > 4月からの入札契約制度等(工事)における改正

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

4月からの入札契約制度(工事)における改正について(お知らせ)

平成27年3月

茨城県土木部

 

 茨城県土木部が発注する工事に関し,平成27年4月からの制度改正は以下のとおりとなりますので,ご確認願います。 

 

1 工事費内訳書(入札金額に対応するもの)の入時の提出について

平成27年4月から

従 前

予定価格3,000万円以上の競争入札の場合にのみ提出義務付け

適用:平成27年4月1日以降に入札公告,指名通知等を行う工事から適用します。

 

2 施工体制台帳等の作成及びその写しの発注者への提出について

平成27年4月から

従 前

  • 請負金額に係らず,すべての工事で,施工体制台帳及び施工体系図の作成と,その写しの発注者への提出が必要となります(下請負契約がない場合を除く)。
  • なお,下請負人から通知される再下請負通知書についても,併せて,その写しの提出が必要です。
  • また,施工体制台帳及び再下請負通知書に,外国人建設就労者,外国人技能実習生の従事の有無が,記載事項として追加されます(これに関しては,建設業法施行規則の改正に伴うものなので,民間工事においても適用)。
  • 詳細(様式等)については,こちらのホームページからご確認ください。

請負金額(税込)が2,500万円以上の場合のみ提出義務付け

適用:平成27年4月1日以降に当初契約を締結する工事から適用します。

 

3 入札公告(共通編)を用いた一般競争入札の試行の本格運用開始について

試行の内容

従 前

  • 工事入札毎に公開する「入札公告」には,入札毎に変動する主要な条件等のみを記載することとします。
  • 入札毎には変動しないその他の標準的な条件等については「入札公告(共通編)」に集約し,監理課ホームページにおいて公開します(「入札公告」にも,そのアドレスを記載します)。
  • この場合において,入札説明書は作成されません。
  • 参加条件等の公開方法についての変更が主であり,基本的に,参加条件等の設定の方針等に大きな変更があるわけではありません。
  • 詳細は,こちらのホームページからご確認ください。

入札公告と入札説明書を作成のうえ,工事入札毎に公開

適用:平成27年4月から土木部内全発注機関で試行を本格的に開始し,平成28年度からの全面導入を目指します(WTO対象工事を除く)。

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課建設業

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4334

FAX番号:029-301-4339

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?