ここから本文です。

更新日:2015年11月25日

大北川(おおきたがわ)

大北川の写真

 

  • 長さ:22.17km
  • 流域面積:195.5km2

大北川は、県最大の二級河川であり、里美村にある三鈷室山(870.6m)を源とし、高萩市の北西部山間地を流れて、途中深いV字谷を刻み(大北渓谷)、北茨城市の平地を貫流して同市磯原町地先において、左支川花園川を合わせたのち、砂州の形成により大きく流れを北に転じ、天妃山下で太平洋に注いでいます。
大北渓谷沿いには明治時代以降、その地形と水量を利用して水力発電が行われております。また、多目的ダム「小山ダム」が建設されました(平成17年度)。
一方、花園川も上流において花園、浄蓮寺渓谷を形成し、新緑、紅葉のシーズンには多くの観光客が訪れます。また、県内最初の多目的ダムである「水沼ダム」が建設され(昭和40年度)、水力発電も行われています。
大北川は、昭和61年には磯原町を中心に大水害をもたらし、河川激甚災害対策特別緊急事業(平成2年度完了)により重点的な整備がなされました。

※写真は大北川の支川「花園川」です。

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課改良・海岸

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4485

FAX番号:029-301-4499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?