ここから本文です。

更新日:2016年8月25日

恋瀬川(こいせがわ)

恋瀬川の写真

  • 長さ:27.85km
  • 流域面積:212.6km2

恋瀬川は、笠間市と石岡市の境に位置する吾国山(518.2m)に源を発し、南流して石岡市、かすみがうら市の名峰筑波山麓の田園地帯を流下し、石岡市高浜で霞ヶ浦に注いでいます。
流域には、数多くの原始、古代からの遺跡が残されており、最下流部の石岡市には常陸国府が置かれ、「常陸国風土記」では志筑川として紹介されています。また、恋瀬川の名称は「鯉が遊泳する瀬の見える川」の鯉瀬川が変じたとも言われており、古くから鯉などの魚が多く、河口部のかつて河岸として栄えた高浜は、近年では関東でも有数の釣り場として賑わっています。

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課改良・海岸

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4485

FAX番号:029-301-4499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?