ここから本文です。

更新日:2015年11月25日

小野川(おのがわ)

小野川の写真

 

  • 長さ:36.45km
  • 流域面積:175.7km2

小野川は、つくば市小野崎に源を発し、南東方向へ流下し、左支川乙戸川を合わせつつ牛久市を流下します。その後、江戸崎町、新利根町の穀倉地帯を流下しつつ桜川村で霞ヶ浦に注ぎます。
小野川は、筑波、稲敷台地のほぼ中央部を貫流しており、その両岸台地上には原始、古代からの遺跡を数多く残しています。また、江戸時代には諸物資の運搬に利用され、河口には江戸崎の浜河岸、高田の横町河岸などが栄えました。
小野川の下流部の遊水池として機能していた新利根町、江戸崎町の羽賀沼や荒沼付近では、河川改修により新河道か開削されました。これにより両沼を含む干拓が昭和37年度に着手され平成2年度に416haをもって完成しています。
近年、小野川や支川乙戸川の上流域では住宅・宅地開発等により市街化が進んでいます。

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課海岸

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4485

FAX番号:029-301-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?