ここから本文です。

更新日:2015年11月25日

八間堀川(はちけんぼりがわ)

八間堀川の写真

  • 長さ:16.91km
  • 流域面積:54.7km2

八間堀川は、下妻市加養に源を発し、下妻市、千代川村、石下町の穀倉地帯を貫流し、水海道市橋本地先で鬼怒川に合流する新八間堀川を分派し、同市渕頭地先で小貝川に合流します。当流域は大部分が水田地帯で、東側を小貝川、西側を鬼怒川及び千代田堀川に挟まれ、平均幅3キロメートル程度の細長い内水地帯となっています。
八間堀川は、寛永年間に新田開発に伴い開削された幹線排水路で、その後元禄年間には八間堀川の水を小貝川より河床が低い鬼怒川に分ける工事が完成しました。
当流域の水害は小貝川、鬼怒川の水位上昇に伴う内水被害であるため、鬼怒川の合流点に昭和49年度に逆流防止水門、55年度には排水機場が完成しています。 

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課海岸

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4485

FAX番号:029-301-6356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?