ホーム > 茨城を知る > 入札・調達 > 建設工事等電子入札システム > 建設CALS/EC > 茨城県電子入札のよくある質問(FAQ)

ここから本文です。

更新日:2017年4月10日

茨城県電子入札のよくある質問(FAQ)

質問の主な項目

A:事前準備に関する質問

B:利用者登録に関する質問

C:入札事務に関する質問

D:エラーに関する質問

 


 

各項目の質問内容

A:事前準備に関する質問

A1:入札に適したパソコン等の仕様はどのようなものか

A2:入札に適したインターネット接続環境はどのようなものか

A3:ICカードは誰の名義で取得すればよいか

A4:カードは1枚用意だけすればよいか

A5:使用するICカードはどこで購入できるのか

A6:国や他の自治体で使用しているカードを共通で使えるのか

A7:工事とコンサル両方を一枚のICカードを使い利用者登録出来るか

A8:JV(建設工事共同企業体)の場合、ICカードはどのように準備するのか

A9:ICカードを再取得しなければならない場合はどのようなときか

A10:Javaポリシーの設定方法について

A11:安全な通信を行うための証明書のインストール方法について


B:利用者登録に関する質問

B1:利用者登録の際、「業者番号」と「企業名称」を入力し、検索ボタンを押したところ、「資格審査情報検索画面で情報登録がありません」と表示されます

B2:利用者登録の画面の「代表窓口情報」に記載する内容について

B3:利用者登録の画面の「ICカード利用部署情報」に記載する内容について

B4:電子入札に参加したいので、急いで承認してほしい

B5:入札参加資格が変更となるときの手続きについて

B6:利用者登録したメールアドレスを変更したいときについて

B7:転居は伴わなく住居表示のみ、変更となった場合の手続きについて

B8:代表者を変更し、利用者登録の変更処理を行うとしたが、利用者登録画面の「企業情報」欄に旧代表者が表示されている

B9:入札参加中において、ICカードに記載された内容が変更となってしまったが・・・

B10:利用者登録の更新(利用者登録→「ICカード更新」)はどのような場合に行うことが可能か

B11:ICカードの有効期限が切れてしまったので、再度登録するための手続きについて

B12:茨城県に登録を行ったが、市町村の入札に参加出来ない


C:入札事務に関する質問

C1:電子入札に必要なマニュアルはどこにありますか

C2:初めて電子入札を行うので、操作方法を習熟したい

C3:操作方法についての問い合わせを行いたい

C4:指名競争入札にて、指名通知書の確認を行うには

C5:入札図書を取得する際に必要なパスワードとは

C6:競争参加資格確認申請に、ファイルを添付しなくても提出できるのか

C7:競争参加資格確認申請の受付票が発行されない

C8:入札書が正常に提出されたことを確認するには

C9:提出した入札書の金額を確認したい

C10:提出した金額の訂正や差し替えはできますか

C11:入札時に必要な内訳書等の提出方法について

C12:入札書におけるくじ番号とは

C13:紙入札が認められる事例について

C14:紙入札への切替手続きについて

C15:開札時間になっても、入札情報サービスに結果が表示されません


D:エラーに関する質問

D1:「APPLET-CRITICAL-********-03001(デバイスが使用できません)」

D2:「APPLET-CRITICAL-********-03002(ログインに失敗しました)」

D3:「APPLET-CRITICAL-********-19999(実行エラー)」

D4:「APPLET-ERROR-01400205-10048(デバイスが使用できません)」

D5:PIN番号を入力するダイアログが表示されません

D6:画面上部に時計が表示されず、灰色や白色の枠も表示されません

D7:「ただいまサーバと通信中です。しばらくお待ち下さい。」のダイアログボックスが出続けたまま画面が変わりません

D8:発注者からの電子メールが届かないのですが、どうすればよいですか

D9:提出内容確認をクリックすると、指定されたファイルが見つからないと表示される


A:事前準備に関する質問

A1:電子入札に適したパソコン等の仕様はどのようなものか

以下のパソコンを推奨しております。
【ハードウェア】
CPU:Coreduo/1.6GHz同等以上
搭載メモリ:1.0GB以上推奨
ハードディスク:1ドライブの空き容量が1.0GB以上
グラフィックプロセッサ(GPU):WDDM対応グラフィックプロセッサ(VRAM128MB以上)推奨
【USB】
マウス、プリンタ等の周辺機器を接続した上で、空きスロットが2以上あること。
ICカードリーダーを接続できるもの。
【OS】
WindowsVista(32bit版)
Windows7(32bit版、64bit版)
Windows8.1(32bit版、64bit版)
【ブラウザ】
InternetExplorer(IE)6,7,8,9,10,11(いずれも32bit版のみ)
64bitOSを利用した場合もIEは32bit版になります。
【Java実行環境】
JRE6.0(update17まで),JRE7.0(update15まで)※JRE7.0はIE8,9,10,11のみ対象

A2:電子入札に適したインターネット接続環境はどのようなものか

以下の通信環境を推奨しております。

【回線】
ADSL以上の回線を推奨

【プロバイダ等】
次のプロトコルが使用可能なプロバイダ又はネットワーク

HTTP/HypertextTrasferProtocol
HTTPS/HypertextTrasferProtocolSecurity
LDAP/LightwightDirectoryAccessProtocol

A3:ICカードは誰の名義で取得すればよいか

茨城県の入札参加資格名簿に登録している代表者の名義で取得してください。また、入札を支店・営業所の権限で行うことを想定している場合には、その支店長・営業所長の名義で取得してください。

A4:ICカードは1枚用意だけすればよいか

1枚でも問題ありません。ただし、不測の事態などに備え、複数枚登録することをお勧めします。また、カードはその都度利用者登録しておいてください。

A5:ICカードはどこで購入できるのか

電子入札コアシステムより、対象となる認証局の一覧が示されております。詳しくは(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

A6:国や他の自治体で使用しているカードを共通で使えるのか

国や自治体において登録しているカードについても共通で使用することが出来ます。ただし利用者登録は、各々の団体ごとに行って下さい。

A7:工事とコンサル両方を一枚のICカードを使い利用者登録出来るか

申し訳ありませんが、工事とコンサル両方の入札案件に参加される場合は、それぞれのICカードをご用意願います。

A8:JV(建設工事共同企業体)の場合、ICカードはどのように準備するのか

特定JVの場合は、団体構成員の幹事会社のカードを使用いたします。経常JVの場合は、専用のICカードを準備して、その名義で利用者登録をしてください。

A9:ICカードを再取得しなければならない場合はどのようなときか

ICカードに記載内容が変更となったとき、現在のカードを失効させ新しい内容でICカードを準備し利用者登録を行う必要があります。例示すると以下のとおりですが、詳しくは認証局(外部サイトへリンク)にお問合せください。
【本社の代表者名義で登録している場合】
代表者の住所、氏名を変更した。
【支店長等の名義で登録している場合】
支店長等の氏名を変更した。また、この場合の企業名称、企業住所の変更で新しいICカードになるかどうかは認証局との規約により異なります。
【個人事業者】
代表者を変更した。
個人事業者から法人に変更した。

A10:Javaポリシーの設定方法は

電子入札システムを利用する場合には、Java環境ファイル『Javaポリシー』を設定する必要があります。更新を行うには『環境設定ツール』が必要ですが、これは各認証局によって、ICカードリーダに添付、もしくはホームページよりダウンロードといった形で提供されております。『環境設定ツール』に関するお問合せは、各認証局へお願いいたします。『環境設定ツール』で入力する発注機関URLは下記の通りです。

https://ebid.cals-ibaraki.lg.jp/CALS/

A11:安全な通信を行うための証明書のインストールとは

安全な通信を行うための証明書の設定については、InternetExplorerを使用している場合、電子入札システムへのログイン時に自動的に設定されますが、設定が自動でなされず、電子入札システムへのログイン時に「このサイトと取りかわず情報は、ほかの人から読み取られたり変更されることはありません。しかし、このサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」と警告が出る場合は、(外部サイトへリンク)から設定を行ってください。

B:利用者登録に関する質問

B1:利用者登録の際、「業者番号」と「企業名称」を入力し、検索ボタンを押したところ、「資格審査情報検索画面で情報登録がありません」と表示される。

業者番号と企業名称と入力検索いたしますが、以下の点に注意して下さい。

【業者番号】
資格審査の通知に「08又は00-6桁の数字」がありますが、08又は00の部分を県で付番している1桁のコードに置き換えて「1桁のコード-6桁の数字」として下さい。
【企業名称】
入札参加資格に登録している企業略称としてください。なお、株式会社の略称の(株)の字は、全角一文字の括弧付きの株などの文字は使わず、「(」、「株」、「)」など全角3文字で検索して下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。

B2:利用者登録の画面の「代表窓口情報」に記載する内容は

企業等の連絡先となる窓口情報を登録します。一般的には、企業の営業部門などが考えれれます。なお、指名通知書が発行された際の連絡メールは、この欄に入力されたアドレスに送信されます。

B3:利用者登録の画面の「ICカード利用部署情報」に記載する内容は

企業の入札権限を行う部署情報を登録します。一般的には、企業の総務部門などが考えられます。また、代表窓口情報と同じでもかまいません。指名通知以外の各通知書発行の連絡メールは、この欄に入力されたアドレスに送信されます。

B4:電子入札に参加したいので、仮登録を急いで承認してほしい

電子入札システム上の利用者登録と、電子入札利用届・利用者情報(委任状)が到着し、審査のうえ利用の承認をしているところですが、早期の承認をご要望の場合、別途連絡いただけますようお願い致します。

なお,通常の登録処理では、内容に問題が無い場合、到着後数日で登録処理が完了いたします。

茨城県土木部検査指導課技術管理担当
電話番号:029-301-4370
FAX番号:029-301-4389

B5:入札参加資格が変更となるときの手続きは

下記の場合は、入札参加資格の変更届を監理課に提出していただくとともに、新たにICカードを登録する必要があります。入札参加資格の変更は建設業者の場合(PDF:61KB)および建設コンサルタントの場合(PDF:67KB)をごらん下さい。
1.商号又は名称
2.代表者氏名
3.主たる営業所の所在地
このほか、下記の場合が変更となった場合も、変更内容で新たにICカードを登録する必要があります。
4.受任者(ICカード名義人)
5.許可番号
 

B6:利用者登録したメールアドレスを変更したいときは

電子入札システムにログインし、利用者登録メニューの変更ボタンをクリックいたします。
こちらからメールアドレスの変更が出来ます。なお、カードの登録状況が仮登録では変更が出来ません。この場合は、ICカードの利用届を検査指導課に提出し、本登録が終了した後に変更願います。

B7:転居を伴わなず、住居表示のみが変更となった場合の手続きは

住居表示の変更となった場合において、変更前に利用者登録を行ったICカードにつきましては、有効期限内はそのまま利用できます。

B8:代表者が変更となり、ICカードを新しくしたため利用者登録を行うとしたが、利用者登録画面の「企業情報」欄に旧代表者が表示されており、修正できません

企業情報欄に表示されている代表者名は「入札参加資格」に登録されているデータが連携されております。
このため、入札参加資格に登録されている代表者名の変更手続きが行われていない場合は,速やかに県庁監理課にたいして手続き願います。なお、入札参加資格変更の書類提出を提出し、業者名簿の変更登録完了後、数日内に電子入札システムに変更された代表者名が反映されます。
また、旧代表者のままでも、電子入札システム上の変更処理を行うことはできます。但し、速やかに入札参加資格の変更を行って下さい。

B9:入札参加中において、ICカードに記載された内容が変更となってしまったが・・・

入札参加中において、ICカードの記載内容が変更となるような事態が生じた場合には、発注機関(土木事務所等)と相談のうえ対応してください。
なお、一部の項目(連絡先電話番号・連絡先担当者・メールアドレス等)は、企業プロパティ情報から変更でき、入札参加中の案件があっても影響なく行うことができます。

B10:利用者登録の更新(利用者登録メニューのICカード更新)はどのような場合に行うことが可能か

新カードが手元に届き、旧カードがまだ有効期限内であれば行うことができます。
ただし、ICカードの名義人名等が同一でないと、更新できませんのでご注意ください。
(更新できない場合は、新規登録と同じ作業(検査指導課への届出含む。)を行ってください。)

B11:ICカードの有効期限が切れてしまったので、再度登録するための手続きについて

ICカードの有効期限が切れてしまった場合は、ICカードの更新ができないので、新規手続と同じになります。
電子入札システム上で利用者登録を行い、電子入札利用届と利用者情報の写し場合により委任状の提出をお願いいたします。

B12:茨城県に登録を行ったが、市町村の入札に参加出来ない

当県では、利用者登録は自治体毎に登録して頂く必要があります。茨城県に利用者登録を行った場合、利用出来る機関は、県の各事務所や各課等、県の機関のみとなり、各市町村の電子入札には参加出来ません。
各市町村の電子入札に参加されたい場合は、当該市町村に利用者登録を行って下さい。

C:入札事務に関する質問

C1:電子入札に必要なマニュアルはどこにありますか

いばらき電子入札共同利用センターのHPの操作方法のページに、PDFデータによるマニュアルを掲載しております。
http://ppi.cals-ibaraki.lg.jp/sousa.html(外部サイトへリンク)

C2:初めて電子入札を行うので、操作方法を習熟したい

いばらき電子入札共同利用センターのHPの操作方法のページの一番下の項目に、演習用のページを掲載しておりますのでご覧下さい。
http://ppi.cals-ibaraki.lg.jp/sousa.html(外部サイトへリンク)

C3:操作方法についての問い合わせを行いたい

いばらき電子入札共同利用センター内において、電子入札システムにかかる設定方法や操作方法についてヘルプデスクを設けております。ご活用下さい。

電話番号:029-305-3021
FAX番号:029-243-8852
http://ppi.cals-ibaraki.lg.jp/index.html(外部サイトへリンク)

C4:指名競争入札にて、指名通知書の確認を行う方法

指名通知メールが登録したアドレスに送信されますので、到着しましたら電子入札システムにログインしていただき、指名通知書を確認してください。確認後は受領確認書の提出をしてください。

C5:入札図書を取得する際に必要なパスワードとは

電子入札システムを起動し、該当案件の指名通知書を確認していただきましと画面内に発注図書取得パスワードが記載されております。

そのパスワードを書き留めた後、入札情報公開システム(PPI)を起動し、メニューの中から「3指名競争入札情報の検索」を選びます。その画面で該当する指名競争入札案件を検索するとパスワード等を入力する画面になります。必要事項を入力すると、発注図書類がダウンロード出来るようになります。

C6:競争参加資格確認申請に、ファイルを添付しなくても提出できるのか

このシステムでは、必要の有無にかかわらずファイルを添付しないと申請は出来ません。本来、ファイル添付する必要がない場合には、ダミーファイルを添付してください。

なお、入札公告をよく読み、必要なファイルは必ず提出していただくようお願いいたします。

C7:競争参加資格確認申請の受付票が発行されない

競争参加資格の確認申請に対する受付票は自動発行ではありません。発注者側で提出資料を受領し、内容を確認後発行いたします。

C8:入札書が正常に提出されたことを確認するには

入札書を提出後は、サーバより入札書受付票を自動発行いたします。受付日時を確認し、期間内に提出がされているか確認してください。

また、入札状況一覧で該当案件の入札書提出ボタンが消えているかも合わせて確認してください。

C9:提出した入札書の金額を確認したい

入札書提出後は、中身の確認が出来なくなりますので、提出前に必ず印刷等しておくようお願いいたします。

C10:入札した金額の訂正や差し替えはできますか

一度提出した入札書は金額の訂正や差し替えが出来ません。提出前には十分な確認をお願いいたします。

C11:入札時に必要な内訳書等の提出方法について

内訳書については、入札書提出時に参照ボタンをクリックし、添付するファイルを選択のうえ、内訳書追加ボタンをクリックすることでパソコン上のファイルが添付されます。
なお、内訳書提出が必要無い案件にも関わらず、ボタンが現れるときは、何らかのファイルを添付しないと提出できない仕様となっておりますので、ダミーファイル等を添付のうえ、提出してください。

C12:入札書におけるくじ番号とは

落札となる入札金額が同額となったとき、くじ番号により落札業者を決定いたします。入札書提出時に任意の3ケタの番号を入力してください。
くじ番号による落札業者決定システムは、(外部サイトへリンク)に掲載しております。

C13:紙入札が認められる事例は

「WTO対象案件において紙入札を希望する場合」
「入札参加者側にやむを得ない事由があると発注機関が認めた場合」としております。

やむを得ない事由の例示といたしましては、以下の取り扱いとしておりますので、電子入札システムの利用者登録が済んでいない方は、速やかに登録して頂きますようお願いいたします。

1.ICカードが失効、閉塞、破損等で使用できなくなり、ICカード再取得の申請又は準備中の場合
2.企業名、企業住所、代表者の変更により、ICカード再取得の申請又は準備中の場合
3.電子入札の導入準備を行っているが、間に合わなかった場合。

(導入準備とは、電子入札に必要なICカード取得の申請中のことを指します。)

C14:紙入札への切替手続きについて

発注機関は、当初その案件を電子入札として参加していた入札参加者から、紙入札への変更を求められた場合には、やむを得ないと認められる事由により電子入札の続行が不可能であり、かつ全体の入札手続きに影響がないと認められる場合についてのみ変更を認めております。

この場合、できるだけ速やかに紙入札方式移行承諾願を発注機関に提出してください。
また、紙入札移行後は、その案件について、電子入札に係る事務を行わないでください。

C15:開札時間になっても、入札情報サービスに結果が表示されません

入札情報サービスは発注機関において登録しております。入札作業終了後に結果を入力することになりますので、開札時間からしばらくお待ち頂く場合がございます。早期に確認したい場合は各発注機関にお問合せ下さい。特に、一般競争入札は、入札参加資格の確認に事後審査方式を導入しております。従いまして開札から落札者決定までに時間を要することもございますのでご注意下さい。

D:エラーに関する質問

D1:「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-03001(デバイスが使用できません)」

ICカードリーダが正しく認識されていません。パソコンの電源を切ったうえでICカードリーダがパソコンにきちんと接続されていることを確認し、パソコンの電源を入れてください。再度、同じエラーが出た場合は、認証局(カード会社)にお問い合わせください。

D2:「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-03002(ログインに失敗しました)」

ICカードリーダにICカードが入っていない。あるいはカードリーダの接触不良、若しくはPIN番号の入力が間違っている場合が考えられます。正しくICカードを挿入されていることを確認のうえ、PIN番号を正確に入力してください。

D3:「APPLET-CRITICAL-********-19999(実行エラー)」

Javaキャッシュをクリアして下さい。(方法は(外部サイトへリンク)))。

D4:「APPLET-ERROR-01400205-10048デバイスが使用できません」

各種ツールバー(Google,MSN,Yahoo!ツールバー等)をインストールしている場合には、事前にポップアップブロックを解除してください(方法は(外部サイトへリンク))。

D5:「PIN番号を入力するダイアログが表示されない」

Javaにおいて、電子入札システム対応以外のバージョンが作動していることが考えられます。
本県で動作確認が完了しているJavaのバージョンはJRE7.0Update15(1.7.0_15)までとなっております。
これ以降のJavaがインストールされている場合、認証局にお問い合わせの上、対応するJavaバージョンに置き換えていただくようお願いいたします。

D6:画面上部に時計が表示されず、灰色や白色の枠も表示されない

Javaポリシーの設定が正しく行われていない可能性があります。もう一度設定内容を確認し、パソコンを再起動してから再度ログインしてください。Javaポリシーの設定方法については(外部サイトへリンク)をご覧ください。
JavaPlug-inについて認証局指定以外のものが有効になっている場合に、時計が表示されなくなります。コントロールパネルを開き、インストールされているJavaPlug-inのバージョンを確認してください。特にJavaPlug-inが複数インストールされている場合は、システムが正常に動かない可能性があるので、その場合、認証局にご相談ください。

D7:「ただいまサーバと通信中です。しばらくお待ち下さい。」のダイアログボックスが出続けたまま画面が変わらない

あまりにも長く出続けて画面が変わらない場合は、そのダイアログボックスと開いているシステム画面、ホームページ等全てを右上の×ボタンで閉じ、IEの起動からシステムにログインし直し、操作をやり直してください。
その際、IEのキャッシュクリアとJavaのキャッシュクリア(方法は(外部サイトへリンク))を行った後、パソコンの再起動を行って見て下さい。

D8:発注者からの電子メールが届かないのですが、どうすればよいですか

本来届くべき電子メールが来ない場合は、早急に発注者に連絡して、代わりの書類等を送付してもらうように依頼して下さい。

なお、電子メールが届かない理由として以下の内容が考えられますので、ご確認願います。

1:利用者登録時に入力した電子メールアドレスが異なっている。

2:メールアドレスが変更になったにもかかわらず、変更登録を行っていなかった。

(以上は、利用者登録メニューの変更画面で確認及び修正が可能です。)

3:メールソフトで迷惑メール等に分類されていた。(対応方法はソフト会社等におたずね下さい。)

D9:提出内容確認をクリックすると、指定されたファイルが見つからないと表示される

信頼済みサイトの設定が行われているか確認してください。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部検査指導課技術管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4370

FAX番号:029-301-4389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?