ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

建築基準法第22条による指定区域

建築基準法第22条第1項の規定に基づく市街地の区域の指定について

特定行政庁である茨城県により,『守谷市において建築基準法第22条第1項の規定に基づく区域が指定されました。

 なお,区域内の制限は,指定の日から適用になります

指定年月日

平成23年10月1日

指定の位置及び区域

守谷市のうち都市計画法(昭和43年法律第100号)第8条第1項第1号に規定する用途地域の設定のある地域(指定日以後に設定され、又は変更された地域を含む。)の全域。ただし、同項第5号に規定する防火地域及び準防火地域の設定のある地域を除く。

茨城県告示

平成23年9月22日付け茨城県告示第1045号(PDF:61KB)

建築基準法第22条による指定区域とは

屋根の不燃化等によって,火災による類焼の防止を図る目的から,特定行政庁が指定した区域のことをいいます。

守谷市においては,市街化区域全域(防火地域及び準防火地域を除きます。)が指定されます。

区域内の主な制限

1.通常の火災を想定した火の粉による火災の発生を防止するため,屋根を不燃材料で造るか,またはふく等のほか,認定されたものとすることが必要です。

  • 「不燃材料で造る」とは

瓦等の屋根ふき材のほか野地板,たる木等の屋根下地まで含めて不燃材料で造ること

  • 「不燃材料でふく」とは

屋根下地は不燃材料の制限はなく,ふき材のみを不燃材料とすること

2.木造建築物等は,外壁で延焼のおそれのある部分を,準防火性能を有する土塗壁等の定められた構造,または認定された構造としなければなりません。(延焼のおそれのある部分以外であれば,防火上の制限はありません。)

  • 「延焼のおそれのある部分」とは

建築物の部分で,道路中心線・隣地境界線から,1階は3メートル以下,2階は5メートル以下の距離にあるもの

3.木造特殊建築物は,外壁及び軒裏で延焼のおそれのある部分を防火構造としなければなりません。

  • 「木造特殊建築物」とは

学校,劇場,映画館,集会場,マーケット,公衆浴場等の用途に供するもの

自動車車庫でその用途に供する部分の床面積の合計が50平方メートルを超えるもの

百貨店,共同住宅,寄宿舎,病院,倉庫及び茨城県建築基準条例第19条に規定する用途に供するもので階数が2以上,かつ,用途部分の床面積の合計が200平方メートルを超えるもの

既存不適格建築物

区域の指定の際,現に存する建築物又は現に建築工事中の建築物のうち,規定に適合しない建築物については,既存不適格建築物となります。これらの建築物は,将来,増・改築を行う際には,規定に適合する必要があります。

制限等内容の問い合わせ先]

茨城県土木部都市局建築指導課

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号029-301-4727

茨城県県南県民センター建築指導課

茨城県土浦市真鍋5丁目17番26号

土浦合同庁舎第2分庁舎2階

電話番号029-822-8519

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部建築指導課建築

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4727

FAX番号:029-301-4739

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?