ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 建築・建築士、宅地開発 > 過去の新着情報 > 用途地域の指定がない区域内の建築物の容積率,建ぺい率及び建築物の各部分の高さについて

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

用途地域の指定がない区域内の建築物の容積率,建ぺい率及び建築物の各部分の高さについて

 平成12年5月に「都市計画法及び建築基準法の一部を改正する法律」が公布され,平成13年5月に施行されました。

 この改正により,都市計画区域及び純投資計画区域のうち用途地域の指定のない区域(白地地域)においては,特定行政庁が建築物の形態規制(容積率・建ぺい率等)を土地利用等の状況に応じて定めることになりました。

 茨城県では,市町村の意向や地域の実態を反映したものとするため対象市町村の意向調査を行い,容積率,建ぺい率及び建築物の高さに係る限度を次のように定め,平成16年5月1日から施行しました。(平成16年4月8日付け茨城県告示第575号)

 また,常陸太田市(久米地区,大平地区,薬谷地区,大里地区の各一部)における準都市計画区域の指定に伴い,同地区を追加指定し,平成21年1月5日から施行しました。(平成21年1月5日付け茨城県告示第7号)

県が定める対象市町村は,特定行政庁9市(水戸市,日立市,土浦市,古河市,高萩市,北茨城市,取手市,つくば市,ひたちなか市)を除く都市計画区域の市町村

指定内容

一般基準

白地地区の一般的な地域を対象とする基準

(白地地区:都市計画区域及び準都市計画区域のうち用途地域の指定のない区域)

特殊基準

一般基準をベースに,地域の実態を踏まえ更に強化又は緩和する基準

市町村の意向に基づきスポット的に設定

(牛久市,阿見町及び利根町の下表の住宅団地において強化の基準を設定)

  容積率 建ぺい率 道路斜線 隣地斜線

一般

基準

特殊基準が適用される地域を除く用途地域の指定の

ない区域

200% 60% 勾配1.5 20m+勾配1.25

特殊

基準

牛久市既設団地7団地 100% 50% 勾配1.25 20m+勾配1.25
阿見町南平台地区 100% 50% 勾配1.25 20m+勾配1.25
利根町もえぎ野台地区 80% 50% 勾配1.25 20m+勾配1.25
200% 60% 勾配1.25 20m+勾配1.25
※この地区は日影規制が適用されます。(利根町が,制限を受ける建築物,日陰時間等を条例で指定)

(特殊基準が適用される地区の区域については,下記の建築指導課において関係図書を確認してください。)

 

 

茨城県土木部都市局建築指導課

各県民センター建築指導課

電話番号:029-301-4727

県民センター総室県央建築指導室(電話番号:029-301-4787)

県北県民センター建築指導課(電話番号:029-301-3344)

鹿行県民センター建築指導課(電話番号:0291-33-4113)

県南県民センター建築指導課(電話番号:029-822-8519)

県西県民センター建築指導課(電話番号:0296-24-9149)

このページに関するお問い合わせ

土木部建築指導課企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4716

FAX番号:029-301-4739

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?