ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 土木部 > 本庁 > 都市局都市整備課 > 平成30年度弘道館「秋のイベント」のお知らせについて

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2018年9月10日

平成30年度弘道館「秋のイベント」のお知らせについて

藩校で唯一、国の特別史跡に指定されている「弘道館」では、明治期の本県教育と弘道館の繋がりを紹介する講座、季節の風物詩としてお楽しみ頂ける所蔵書籍の曝書(ばくしょ) 所蔵品の特別公開などのイベントを下記日程により開催いたします。

今回のイベントでは、弘道館が所蔵する横山大観(よこやま たいかん) 筆の「書」を初公開いたします。大観と本県の繋がりが感じられる貴重な資料となります。

ぜひ、秋の弘道館にご来館ください。

平成30年度弘道館秋のイベントちらし表平成30年度弘道館秋のイベントちらし裏

【ダウンロード】平成30年度弘道館秋イベントのチラシはこちらから(PDF:904KB)

弘道館講座「弘道館と明治期の教育」 学制施行後の弘道館教員日本人初の幼稚園保母 豊田芙雄(とよだ ふゆ)

日時:平成30年9月15日(土曜日)13時30分から15時40分まで

場所:弘道館至善堂

講師:茨城地方史研究会監事 栃木敏男(とちぎ としお)

定員:100名(事前予約不要)

藤田東湖(ふじた とうこ)筆書「麗澤(れいたく) 」特別公開

期間:平成30年10月1日(月曜日)

場所:弘道館正庁

※13時30分から展示解説を行います(約40分)

※この書は、安政2年(1855)10月2日の安政の大地震で圧死した藤田東湖が、前日に友人に贈ったものと伝えられています。

麗澤の写真

弘道館所蔵書籍(藩校当時の教科書や大日本史など)の曝書 及び横山大観筆「書」特別公開

期間:平成30年10月26日(金曜日)から27日(土曜日)まで

場所:弘道館至善堂

曝書とは、書籍を湿度の少ない晴れの日に虫干しする保存作業のことです。雨天の際は作業は行いません。

横山大観(明治元年(1868)から昭和33年(1958))は、水戸下市に、水戸藩士酒井家の長男として生まれ、今年は生誕150年にあたります。大観は、明治、大正、昭和の3代にわたり活躍し、近代日本画壇の第一人者として広く知られています。その活躍は、国内外に名声を轟かせ、昭和29年(1954)には初の茨城県名誉県民に選ばれました。  

曝書作業の写真

弘道館講座「弘道館の孔子廟(こうしびょう)と釈奠(せきてん) 」、論語素読

日時:平成30年11月1日(木曜日)10時から11時30分まで

場所:弘道館至善堂

講師:弘道館事務所主任研究員 小圷 のり子

釈奠とは、孔子など儒教の先師を祀る儀式のことです。藩校当時、弘道館では春と秋の年2回釈奠が行われていました。今回は、昭和45年11月1日に孔子廟復元記念の釈奠が行われたことに合わせ、弘道館講座「弘道館の孔子廟と釈奠」を開催します。また、弘道館教育の基本であった論語の素読(音読)を体験しましょう。

孔子廟の写真

参加費

無料(別途観覧料(大人200円、満70歳以上100円、小中学生100円)が必要となります。)

※ただし、9月15日(土曜日)から25日(火曜日)は養老週間のため、満70歳以上の方は観覧料無料となります。

【ダウンロード】養老週間のチラシはこちらから(PDF:295KB)

アクセス

弘道館(水戸市三の丸1-6-29)

※車でお越しの際は、弘道館駐車場又は茨城県三の丸庁舎駐車場をご利用ください。

アクセス、駐車場詳細はこちらから(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部都市整備課公園利用促進

水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4660

FAX番号:029-301-4669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?