ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 土木部 > 本庁 > 都市局都市整備課 > 令和元年11月1日から偕楽園本園が有料化されます

ここから本文です。

令和元年11月1日から偕楽園本園が有料化されます

令和元年6月24日(月曜日)、茨城県議会令和元年第2回定例会において、「茨城県都市公園条例の一部を改正する条例」が可決成立したことから、令和元年11月1日から偕楽園本園が有料化されます。

 

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つであり、創建当初から続く公園として国の文化財に指定された本園部と、昭和から平成の初めに整備された拡張部からなり、本園部には、年間約100万人が来園されております。

今後は、適切な受益者負担の考えのもと、本園部を有料化し、適正なご負担をお願いするとともに、県民の憩いの場としての役割を維持しつつ、県内随一の通年型の観光周遊拠点となることを目指して、魅力向上に取り組んでまいります。

 

●有料化する区域:偕楽園本園(下図参照)

yuuryoukakuiki

 

 

●料金制度

 

ryoukinseido3

 

 

●施行日:令和元年11月1日

 

〈参考資料〉来園者の構成等について(PDF:118KB)

 

このページに関するお問い合わせ

土木部都市整備課企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029‐301‐4660

FAX番号:029‐301‐4669