ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 土木事務所・工事事務所 > 桜川改修 茨城県水戸土木事務所

ここから本文です。

更新日:2016年6月12日

桜川改修 茨城県水戸土木事務所

一級河川桜川改修事業

本河川は、昭和47年度に中小河川改修事業として着手し、昭和63年度に建設省河川局所管事業「ふるさとの川整備事業」として認可されました。

本計画区域は、下流部、中流部及び上流部の3区間にゾーニングし、下流部は「水の都・水戸」のシンボルゾーンとして、中流部は自然利用ゾーンとして、上流部は自然の保全と復元ゾーンとして、それぞれの区間ごとに基本計画を立て整備を進めています。

県都水戸市の中心市街地を貫流する桜川、千波湖及び偕楽園がつくる水と緑は、歴史を誇る「水の都・水戸」のシンボルであり、良好な環境資産です。このようなかけがえのない水辺空間を有する地区は、治水機能を追い求めるだけでなく、将来に誇れる資産として残すため、河川事業においては、公園・道路事業と一体となり、千波湖周辺大規模公園構想との整合を図りながら進めています。

事業名

広域河川改修事業(ふるさとの川整備事業)

河川名

一級河川桜川

工事延長

L=4,200m

事業年度
中小河川改修事業昭和47年度~
ふるさとの川整備事業昭和63年度~

自然利用ゾーン(中流部)

自然に水と親しめる、自然志向型の広々としておおらかな空間づくり。偕楽園公園整備計画に基づき、偕楽園がつくられた当時の原風景の再現を目標に好文亭からの景観に配慮し、のびやかでおおらかな景観づくりを行います。

自然の保全と復元ゾーン(上流部)

自然の保全と復元ゾーン(上流部)広々とした自然景観や身近な自然環境の、治水機能と調和のとれた保全と復元。施設的な整備は、踏み分け道などの線的な施設、自然観察のための施設に限定し、斜面林等の豊かな自然景観と自然環境の保全と復元を行います。

このページに関するお問い合わせ

土木部水戸土木事務所河川整備課

茨城県水戸市柵町1丁目3番1号水戸合同庁舎内

電話番号:029-225-1316

FAX番号:029-228-6921

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?