ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

都市計画道路「菅谷飯田線」

都市計画道路菅谷飯田線が開通しました

平成28年2月12日(金曜日)に都市計画道路菅谷飯田線の国道349号からJR水郡線を跨ぐ下菅谷跨線橋(しもすがやこせんきょう)を含む659m区間の供用を開始しました。

本路線は、ひたちなか市の都市計画道路東中根高場線や水戸市の都市計画道路中大野中河内線などと併せて「水戸・勝田環状道路」を構成し、水戸勝田都市圏における交通の円滑化や地域の連携強化に資する大変重要な路線です。

県では、国道349号から県道菅谷小原内水戸線に至る延長1,950mの街路整備を進め、この度の供用により、全線開通することになりました。

これにより、那珂市内における交通の利便性が向上するとともに、水戸市やひたちなか市との連携強化により、地域の活性化に大きく寄与することが期待されます。

菅谷飯田線

開通式

  • 日時:平成28年2月12日(金曜日)午前10時30分から
  • 場所:那珂市菅谷地内

テープカットの様子通り初めの様子

テープカットの様子通り初めの様子

供用開始

平成28年2月12日(金曜日)午後3時

事業概要

  • 事業箇所:那珂市菅谷~後台
  • 計画延長:L=1,950m(うち橋梁部304m)
  • 計画幅員:W=25~43m/13m(4車線)
  • 事業期間:平成3年度~平成27年度
  • 事業費:約58億円(うち今回開通区間約38億円(橋梁部約27億円))

位置図

位置図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部常陸大宮土木事務所道路整備課

茨城県常陸大宮市野中町3083ー2

電話番号:0295-52-3156

FAX番号:0295-53-4904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?