ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

一般国道349号(那珂常陸太田拡幅)


国道349号は、茨城県水戸市を起点とし、県北部の地域を縦断しながら福島県を経由して宮城県柴田郡柴田町へと至る広域幹線道路であり、地域の産業振興や交流・連携を支えるだけでなく、災害時には緊急輸送道路としての機能を有する大変重要な路線です。
しかし、那珂市北部から常陸太田市中心部までの間は一部区間を除き依然として暫定2車線での供用となっており、朝夕の通勤時や行楽シーズンには幸久大橋を中心に激しい渋滞が発生しています。
このため県では、慢性化する交通渋滞の緩和や災害時における緊急輸送道路ネットワークの強化を図るため、国道349号の4車線化整備を推進しています。

●事業名
道路改築事業(4車線拡幅)
●路線名
一般国道349号
●延長
L=10,400m(うち常陸太田工事事務所工区L=6,900m)
●幅員
W=25m
●事業開始年度
平成24年度~
●施工箇所
那珂市杉(すぎ)~常陸太田市瑞竜町(ずいりゅうちょう)
進捗状況(H28年11月25日進捗状況更新)(PDF:1,477KB)

那珂常陸太田拡幅図

●朝の混雑状況(幸久大橋)
幸久大橋

 

事務所トップへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部常陸太田工事事務所道路整備課

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3363

FAX番号:0294-80-3368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?