ここから本文です。

更新日:2018年6月18日

都市計画

事業経過事業計画|都市計画|施設立地状況地区写真集 

都市計画概要

市街化区域 平成11年6月10日告示
用途地域

第一種低層住居専用地域

第一種住居地域

準住居地域

準工業地域

平成29年3月17日告示
地区計画 阿見吉原地区地区計画 平成29年3月17日告示
市街地開発事業 阿見吉原土地区画整理事業 平成11年6月10日告示
都市施設(街路)

1・3・2 首都圏中央連絡自動車道線

3・2・45 追原久野線

3・4・62 赤太郎通り線

3・4・63 薬師山通り線

3・4・64 堀尻通り線

3・5・65 福田工業団地線

平成6年4月21日告示

平成13年4月16日告示

平成24年7月27日告示

平成13年4月16日告示

平成11年6月10日告示

平成23年11月15日告示

都市施設(下水道)

霞ヶ浦湖北流域下水道

阿見町公共下水道

平成11年6月10日告示

平成11年6月4日告示

 

土地利用規制

用途地域(平成29年3月17日変更告示)

 

 

170317用途地域図(画像)

(PDF:498KB)

 

 

 

用途地域の趣旨及び阿見吉原地区における容積率/建ぺい率

用途地域

容積率/建ぺい率

第一種低層住居専用地域:低層住宅の専用地域

100/50

第一種住居地域    :大規模な店舗,事務所の立地を制限する住宅地のための地域

200/60

準住居地域      :自動車関連施設等と住宅が調和して立地する地域

準工業地域      :環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便の増進を図る地域

  • 容積率:建築物の延べ床面積(各階の床面積の合計)の敷地面積に対する割合
  • 建ぺい率:建築物の建築面積(建物1階の床面積)の敷地面積に対する割合

 

地区計画(平成29年3月17日変更告示)

 

土地利用の方針

1.低層住宅地区

稲敷台地の風景に合う緑豊かなゆとりある郊外型低層住宅を主体とした土地利用を形成します。

2.緑地保全型住宅地区

稲敷台地の原風景でもある斜面緑地等を敷地に内包し、住宅と樹林地が一体化した緑溢れる緑地保全型住宅による土地利用を形成します。

3.緑の保全地区

緑溢れる地域環境創出のため、緑の拠点となる樹林地、草地、農地等の保全・育成を図る土地利用を形成します。

4.一般住宅地区

住宅と他施設が共存・調和した土地利用を形成します。

5.沿道施設地区

都市計画道路及び幹線道路の沿道として、店舗・事務所等の施設立地を推進するとともに、住宅と共存・調和するまちなみに配慮した土地利用を形成します。

6.一般施設地区

既存工場と住宅が共存する複合用途に配慮しつつ、近接する誘致施設地区とも調和する土地利用を形成します。

7.誘致施設地区

圏央道ICに近接する立地条件と敷地規模を活用し、商業・業務施設及び流通・研究施設等の立地・誘導を図るとともに、周辺住宅地の住環境に調和した土地利用を形成します。

 

地区計画図

 


170317地区計画図(画像)

(PDF:363KB)

 

計画書

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部土地販売推進課圏央道・桜の郷整備

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4614

FAX番号:029-301-4639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?