ここから本文です。

更新日:2017年6月13日

上河原崎・中西地区まちづくりニュース第51号

上河原崎・中西地区まちづくりニュース第51号・上河原崎地区上空から見た圏央道

 

圏央道開通

  • 審議会を開催しました
  • 新たな土地区画整理審議会委員について
  • 圏央道「茨城県区間全線開通」について
  • 使用収益開始についてお知らせします
  • 地区内の埋蔵文化財について
地域で行われたイベント

新たな人・繋がる道「上河原崎・中西地区の拡がる可能性」

上河原崎・中西地区の皆様には,日頃から土地区画整理事業に対してご理解とご協力を賜り,厚く御礼申し上げます。

本地区におきましては,平成28年12月1日(木曜日)に審議会を開催いたしました。今年度は審議会委員の改選の年であり,今回の審議会は新たな体制のもと開催されました。

また,本地区のC街区やD街区の一部において,使用収益を開始し,事業が着実に進んでいる状況です。

特集は,平成29年2月26日(日曜日)に,茨城県区間が全線開通した「首都圏中央連絡自動車道(圏央道)」について取り上げます。

審議会を開催しました

第35回審議会

開催日 平成28年12月1日(木曜日)
場所 上河原崎・中西地区現地事務所

辞令交付の後,審議された内容は次のとおりです。

  1. 臨時議長の選出について
  2. 会長の選出について
  3. 会長代理の選出について
  4. 議席の決定について
  5. 換地設計の一部変更について(諮問)
  6. 保留地の一部変更について(諮問)
  7. 特別の宅地に関する措置について(諮問)
  8. 仮換地指定について(諮問)
  9. 換地を定めない宅地の使用収益停止について(諮問)
  10. 仮換地の軽微な変更について

審議会の様子

第35回審議会の様子

新たな土地区画整理審議会委員が決定しました

審議会委員は,地区内の土地所有者及び借地権者の内から選挙により選出される委員と施行者が選任する学識経験委員とで構成されます。(今回は定員を超える立候補がなかったため投票は行いませんでした。)

また,本地区の審議会委員の定数は20名となっており,第35回審議会において,新たな審議会委員への辞令交付や会長・会長代理の選出・議席が決定しましたので,お知らせいたします。

土地区画整理審議会委員〔任期:5年〕

議席番号 委員の種別 氏名(ふりがな)
1 会長 鈴木一雄(すずきかずお)
2 会長代理 宮本和夫(みやもとかずお)
3 宅地所有権者委員 ポッターズ・バロティーニ株式会社
4 学識経験委員 小林睦(こばやしむつみ)
5 宅地所有権者委員 髙谷誠人(たかやまこと)
6 宅地所有権者委員 飯野ひろ子(いいのひろこ)
7 学識経験委員 横田國明(よこたくにあき)
8 学識経験委員 鈴木國勇(すずきくにお)
9 学識経験委員 木村正道(きむらまさみち)
10 宅地所有権者委員 宮本日出男(みやもとひでお)
11 宅地所有権者委員 高瀬榮(たかせさかえ)
12 宅地所有権者委員 吉葉茂(よしばしげる)
13 宅地所有権者委員 吉葉正信(よしばまさのぶ)
14 宅地所有権者委員 齋藤英夫(さいとうひでお)
15 宅地所有権者委員 鈴木精二(すずきせいじ)
16 宅地所有権者委員 飯塚洋治(いいつかようじ)
17 宅地所有権者委員 鯉淵晃(こいぶちあきら)
18 宅地所有権者委員 宮本茂(みやもとしげる)
19 宅地所有権者委員 有限会社茨城リース
20 宅地所有権者委員 飯泉敏雄(いいずみとしお)

特集・首都圏中央連絡自動車道「茨城県区間全線開通」

首都圏中央連絡自動車道(以下:圏央道とする)が,茨城県区間全線開通しましたのでお知らせいたします。

圏央道は道路交通の円滑化,沿線都市間の連絡強化等を目的とした都心から半径およそ40~60キロメートルの位置に計画されている総延長約300キロメートルの環状の自動車専用道路です。

本地区においては,地区の南側を東西に横断するように,圏央道が通っています。

今回開通した区間の概要

開通区間 境古河IC~つくば中央IC間
開通日 平成29年2月26日(日曜日)
延長 約28.5キロメートル
開通インターチェンジ 坂東IC,常総IC
車線数 暫定2車線

圏央道開通区間箇所

圏央道開通式典及び開通セレモニーの様子について

圏央道の境古河IC~つくば中央ICの開通に先立ち,開通式が行われました。

開通セレモニーの様子

日時 平成29年2月26日(日曜日)
場所

開通式典(常総市地域交流センター)

開通セレモニー(常総IC)

快晴に恵まれ,関係者や地権者,地域住民が約1,700人参加し,テープカットや通り初めが行われました。橋本知事は,「県西地域と県央地域がしっかりつながる。今後は放射状の交通網から環状型の時代になる」と開通に期待をよせ,石井国土交通相は「地元の皆さんにとって待ちに待った開通。これから大いに活用してほしい」と期待を込めました。更に周遊観光や周辺の土地区画整理事業にもふれ,「更なる企業立地の展開が期待される」とも話されました。そして,歓喜の中,同日15時に予定通り開通しました。

開通により期待できる広域効果について(東名高速から東関東道の6つの放射道路が接続)

首都圏3環状道路の整備状況

成田空港から関東各地の観光地へのアクセスが向上

  • 茨城,栃木,群馬,埼玉などの観光地へのアクセスが向上
  • 外国人観光客や他県からの来訪者の増加に期待

沿線の大型物流施設約1,600件,生産性向上が加速

  • 圏央道(東名高速~東関東道)沿線に立地する大型物流施設約1,600件において,生産性向上が加速する可能性
  • 土地区画整理事業地等への,更なる企業立地の促進に期待

成田空港から湘南まで都心を経由せずに直結

  • 都心経由に比べ,渋滞のリスク減少,時間短縮などにより,成田空港からのアクセスが向上
  • 複数ルートが選択可能となることで,渋滞や事故等による通行止めを回避

開通による「上河原崎・中西地区」の拡がる可能性について

圏央道の茨城県区間全線開通により,上河原崎・中西地区の交通アクセスが向上することはもちろんのこと,土地区画整理事業地内への企業立地の促進や居住促進の起爆剤となり,地区内の発展を加速させる可能性が大いにあります。

更に,常総ICからつくば中央IC間においては,(仮称)つくばスマートICの設置も検討されています。現在,位置・構造等を検討する準備会が開催されている状況です。圏央道といった,新しい繋がり(広域ネットワーク)によって結ばれた,本地区は,更なる成長・発展をするべく走り続けて行きます。

そのための円滑な事業推進と地区の発展には,権利者や新たな審議委員の皆様のご協力が欠かせないものとなります。

「新たに繋がった圏央道」,「新たな体制」で動き出した上河原崎・中西地区の拡がる可能性に期待出来ます。

上河原崎・中西地区の風景と開通直前の圏央道

上河原崎・中西地区の風景と開通直前の圏央道

使用収益開始についてお知らせします

使用収益が開始された宅地の状況につきましては,宅地全体約92haの内,約18.0ha(約19.4%)について,使用収益開始済となっております。(平成29年2月1日時点)

また,平成28年9月10日~平成29年2月1日にかけて使用収益を開始した箇所は,C20~C24,C26,C27,D26,D27,G4街区のうち,図において,赤色で表示された箇所となります。

上河原崎使用収益開始位置図(平成28年10月1日から平成29年2月1日まで)

 

上河原崎使用収益開始詳細図(C20~C24,C26,C27)
上河原崎使用収益開始詳細図(D26,D27)

 

上河原崎使用収益開始詳細図(G4)
 

使用収益開始とは

「宅地の造成」や隣接する「道路」及び「上・下水道,ガス等の供給処理施設」工事が完了し,換地先(仮換地)の土地が使えるようになることです。

使用収益開始された土地の区画形質の変更(造成など)や建物の新築等を行う場合,土地区画整理法第76条の申請などが必要です。

地区内の埋蔵文化財について(下河原崎高山古墳群:しもかわらざきたかやまこふんぐん)

下河原崎高山古墳群の概要

本古墳群は,西谷田川左岸の標高20~25メートルの台地にあり,高山中学校東側に位置しています。

主に前方後円墳や方墳,円墳など十数基で構成されています。

また,本遺跡では一般向けに現地説明会(平成28年10月8日)の実施や,近隣にある島名小学校・高山中学校が見学を行うなど,地域の人々が郷土の歴史に興味を持つ取組みも行われています。

所在地 つくば市下河原崎字三夜山449-2番地ほか
調査期間 平成28年6月1日から10月31日
調査面積 3,246平方メートル
調査期間 公益財団法人茨城県教育財団(つくば下河原崎事務所)

現地説明会の様子

現地説明会の様子

本遺跡の特徴的なところ

前方後円墳内が盗掘を受けていない状態で見つかり,中の石棺から人骨と銅鋺(どうわん),鉄刀などの副葬品が多数発見された古墳群となっています。

下河原崎高山古墳群の中で,これまでの調査によって全貌が解明された古墳は少なく,また,銅鋺の出土例は少なく,これまでに茨城県内の16か所の遺跡で確認され,本調査で発掘された銅鋺で18例目となります。

古墳時代の銅鋺は,首長墓級の大規模な前方後円墳等からの出土例が多いことから,本調査で発掘されたということは,西谷田川流域を舞台に活躍した首長的な存在であったことが想像されます。

このページに関するお問い合わせ

土木部土浦土木事務所つくば地区区画整理課

茨城県つくば市島名2335番地ウィンズヒル2F(つくば市諏訪C13街区7 ウィンズヒル2F)

電話番号:029-839-9764

FAX番号:029-839-9776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?