ここから本文です。

更新日:2017年9月21日

【土木学会推奨土木遺産認定】
筑波山千寺川砂防堰堤群
(つくばさんせんじゅがわさぼうえんていぐん)

筑波山千寺川砂防堰堤群は,昭和13年の豪雨により発生した土砂災害を機に,茨城県における最初の本格的砂防事業として,全24基(位置図)(PDF:153キロバイト)を昭和14~18年にかけて整備しました。
当該砂防堰堤群は、石積みの趣ある渓流の景観を醸し出しており,当時の土木技術を後世に伝える貴重な構造物と評価され,平成23年度土木学会選奨土木遺産に認定されました。
筑波山にお立ち寄りの際は,ぜひご覧ください。

堰堤(えんてい)・・・河川の水位を堰上げるために河川を横断して設けられる施設

【写真1代表堤防】

【写真2全景】

【写真3賞状】

【写真4プレート】

【パンフレット】(PDF:439キロバイト)

【リンク:土木学会HP選奨土木遺産選考委員会】
(外部サイトへリンク)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部土浦土木事務所河川整備課

茨城県土浦市中高津3丁目11番5号

電話番号:029-822-4345

FAX番号:029-822-5095

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?