常任委員会活動状況 文教警察委員会 調査結果

 平成29年の文教警察委員会(志賀秀之委員長)の重点審査テーマは,警察本部関係は「不法就労及び不法滞在対策の推進」,教育庁関係は「子どもたちの自主性・自立性の育成」です。
 本委員会では,この審査テーマに対して県が取り組むべき施策について検討するとともに,その他所管事項についての調査等も行ってまいります。

 以下,視察の概要につきまして,随時御報告いたします。
 (写真をクリックすると拡大します。)

平成29年6月29日(木曜日)

<神栖警察署(神栖市)>

 平成29年4月1日に開署した神栖警察署において,管内の概況,治安情勢,不法滞在・不法就労外国人問題,警察船舶「ときわ」等について説明を受けた後,警察船舶「ときわ」に乗船し,鹿島港を視察しました。
説明を受ける委員の様子 鹿島港を視察する委員の様子

<暴力団関連施設(鹿嶋市)>

 警察本部から,施設の状況等について説明を受けました。

平成29年5月22日(月曜日)

<境警察署(境町)>

 境警察署において,管内の事務概況,犯罪概況,ヤードの概況等について説明を受けた後,ヤードの視察を行いました。
概況等について説明を受ける委員の様子 ヤードを視察する委員の様子

<古河市立古河第五小学校(古河市)>

 文部科学省から指定を受け,平成27年度からタブレット端末が児童一人一台体制になるなどの,授業におけるICT利活用の進捗状況や効果,課題等について説明を受けるとともに,授業風景を視察しました。
授業風景を視察する委員の様子 課題等について説明を受ける委員の様子


もどるボタンもどる