茨城県議会議員の選挙区と定数が変わります

 平成28年第4回定例会において、「茨城県議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部を改正する条例」が可決・成立しました。
 新しい選挙区及び定数は、次の茨城県議会議員一般選挙(平成30年12月予定)から適用されます。

主な改定内容

●総定数の削減
 63人 → 62人(△1)


● 選挙区の区域及び定数の変更

新選挙区(定数) 現行選挙区(定数) 増減
定数増 牛久市(2) 牛久市(1) +1
つくば市(5) つくば市(4) +1
◎龍ケ崎市・利根町(2) 龍ケ崎市(1) +1
定数減 日立市(4) 日立市(5) △1
取手市(除利根町)(2) 取手市(3) △1
◎潮来市・行方市(1) 潮来市(1)+行方市(1) △1
◎鉾田市・茨城町・大洗町(2) 鉾田市(2)+東茨城郡南部(1) △1
その他 ◎高萩市・北茨城市(2) 高萩市(1)+北茨城市(1) ±0
◎坂東市・五霞町・境町(2) 坂東市(1)+猿島郡(1) ±0

※ ◎は合区(隣接する市町村を合わせて一つの選挙区にすることをいいます。)


● 選挙区の名称変更
 現在、郡市名で表示している選挙区の名称が、選挙区域内の全市町村名を表示した選挙区名に変わります。

今回の選挙区と定数の見直しによる是正状況

●1票の格差の是正
 2.90倍     →   1.93倍 (平成27年国勢調査結果による)
(牛久市と潮来市)    (鹿嶋市と常陸太田市・大子町)


● 逆転現象選挙区の解消
 10通り   →   なし (平成27年国勢調査結果による)
 ※ 逆転現象とは、人口の少ない選挙区の定数が、人口の多い選挙区の定数よりも多くなる状態
   のことをいいます。


● 1人区の是正
 22選挙区  →  14選挙区  


● 定数及び選挙区の検討結果(茨城県議会改革推進会議)
 こちらのリンクページへ  

   
茨城県議会議員選挙区図(現行選挙区及び新選挙区)

(画像をクリックすると拡大します。)