わたしたちの県議会 茨城県議会

タイトル_県議会の概要

県議会の主な権限

議決権
議会に与えられた最も重要な権限で、大きく3つに分かれます。
■立法に関するもの
県条例を定めたり、改正したり、廃止したりする事を決めます。
■財政に関するもの
県の予算を決めたり、決算を認定したり、県の一定基準以上の財産を取得または処分することを決めます。
■その他
県が重大な契約をするとき、また、市町村の合併を決めるときなど、重要な事項についてはすべて議会の議決が必要です。
また、県民から提出された請願をよく審査し、適当なものは県政に反映させるよう努めます。

検査権と調査権
議会で決めたとおりに県が仕事をしているかどうか検査し、調査する権限です。必要に応じて執行機関に報告を請求し、説明を聴取したり、関係人を呼んで証言を求めたりすることができます。

同意権
副知事、監査委員、教育委員会委員、公安委員会委員など重要な人事は、知事が選任または任命する前に議会の同意が必要になります。

意見書提出権
県民の利益に関することについて、議会の意思を意見書としてまとめ、国をはじめとする行政機関に提出することができます。

選挙権
議長、副議長、選挙管理委員会委員などを選挙します。

議長と副議長の役割
議長、副議長とも議会の選挙によって選ばれます。議長は議会の運営について法律や規則によって権限が与えられており、議会を代表します。副議長は、議長が病気その他事故があるとき、また議長が欠けたとき、議長の代わりをつとめます。

定例会と臨時会
毎年決まった時期に開かれるのが定例会です。通常2月、6月、9月、12月の年4回あり、県民の生活に深い関わりのある県政の方針や、予算、条例などを審議しています。2月に開かれるものを第1回定例会、以下、6月・9月・12月に開かれるものをそれぞれ、第2回定例会、第3回定例会、第4回定例会といいます。また、臨時会は必要があるとき開かれます。

県議会の召集
県議会は知事が招集します。
また、議員定数の4分の1以上の者から臨時会の招集の請求があるときは、知事は、県議会を招集しなければなりません。