わたしたちの県議会 茨城県議会

議案審議の順序

本会議、委員会、そして再度本会議へ
 議員または知事から提出された議案は本会議にかけられます。
 ここで議案その他必要なことがらすべてについて審議しますが、本会議にかけられた議案は、より詳しく審査するために委員会に送られ、そこで審査、採決された後、さらに本会議で審議して採決されます。


議案についての質疑・
県政についての質問

 議員は提出された議案について、疑問や不明確な点をただすために「質疑」を行います。また、県政一般について、執行機関がどう取り組んでいるのか、今後どのように対応するのかについて「質問」を行います。
 本会議では、質問・質疑が一括して行われますが、議員個人の立場で行うのを「一般質問」、会派を代表して行うのを「代表質問」といいます。
委員会での審査
 議案は複雑なもの、専門的なものなどが多く、簡単には決められません。そこで、議員は委員会といういくつかのグループに分かれてより詳しく審査、採決した後にその結果が本会議に報告されます。
 ※付託された議案の他に、委員会での審査の結果、議案を提出することもあります。
採決前の討論
 議員が議案に賛成か、反対かの意見を述べる機会が採決前に設けられます。
 これが「討論」です。

そして採決へ
 徹底的に審議されたのち、いよいよ採決の瞬間を迎えます。議案の採決は、起立、または挙手によって賛成、反対を表わすことによって行われますが、その他の方法による場合もあります。なお、会期中に審議不十分で採決できないときは、次の定例会まで所管の委員会での継続審査となります。


可決した議案について
 県議会で議決した予算、条例をはじめとする会議の結果は、知事に送付されます。知事などの執行機関は、県議会で決定したことに基づいて、実際の仕事を進めていきます。
 また、県議会では、県だけでは解決できない問題は、国をはじめとする行政機関に「意見書」を提出して協力を求めたり、県議会の意思を明確にするための「決議」を行ったりしています。