わたしたちの県議会 茨城県議会

県議会の役割

 県民の代表者による話し合いの場
 私たちの住む茨城県を、より良い郷土にしていくためには、みんなで話し合い、決めたことを実行していかなければなりません。しかし、県民全員が集まって相談することは、実際には困難です。
 そこで、選挙によって代表者を選び、県民のために働いてもらう、という議会政治の方法がとられ、県議会が設けられています。
 県議会は、県民から選ばれた議員が、県民全体のくらしを豊かにする方法を話し合って決めています。このような相談・決定の場を、議決機関と言います。

知事などの仕事を検査・調査
 県議会で決められたことは、知事部局・教育委員会・公安委員会などにおいて、実行に移されます。決められたことに基づき、実際に仕事をするこれらのところを、執行機関といいます。
 県議会は、執行機関の仕事が適正なものか、決められたとおりに進められているかどうかについて、検査・調査する権限を持ち、事務事業の内容について確認しています。県議会(議決機関)と執行機関は、それぞれ独立した機関として対等の立場にあり、互いに協力して県政を運営しています。