ここから本文です。

更新日:2017年3月22日

レジオネラ症防止対策:循環式浴槽の管理

9.循環式浴槽にあっては次に掲げる措置

循環ろ過器は1週間に1回以上塩素消毒その他適切な消毒を行うこと。

浴槽と循環ろ過器との間で浴槽水を循環させるための配管は、1週間に1回以上塩素消毒その他適切な消毒を行うこと。
ろ過器や配管内はレジオネラ属菌の栄養源となるぬめりがたまりやすいので、ろ過器内は日常的に逆洗を行い、1週間に1回は高濃度の塩素を循環させて下さい。ぬめりがレジオネラ属菌の巣となるので徹底的にぬめりを除去することが必要です。

回収槽を設ける場合は、定期的に回収層の内壁の洗浄及び塩素消毒その他適切な消毒を行うこと。
回収槽は、汚れがたまりやすいのでぬめりが発生しやすいため、定期的にぬめりがないかを確認する必要があります。

浴槽水は1年に1回以上、レジオネラ属菌が検出されないことを確認するための検査を行い、検査の結果を3年間保管すること。

検査の結果レジオネラ属菌が検出されたときは、その旨を保健所に報告すること。

循環する浴槽水を浴槽内へ供給するための供給口が浴槽水の水面より上部にある場合は、入浴者の誤飲を防ぐため、供給口の周辺に飲用に適さない旨の表示をすること。
飲用不可など入浴者の誤飲を防止するため表示して下さい。

 


 

担当課:衛生課
電話:0296-24-3913
Eメール:chikuho02@pref.ibaraki.lg.jp

 

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部筑西保健所衛生課

茨城県筑西市甲114

電話番号:0296-24-3911

FAX番号:0296-24-3928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?