ここから本文です。

更新日:2017年3月22日

レジオネラ症防止対策について

全国的なレジオネラ症の発生を受け、県では、旅館業法、公衆浴場法に基づく条例を改正し、入浴施設からのレジオネラ症の発生防止対策を一層推進するしています。

一般的な管理について

レジオネラ症の防止には、保有する設備に応じた適切な衛生管理が重要となります。浴槽水の水質、管理目標、消毒や換水、浴槽内の洗浄など、一般的な管理方法について、基準を設けました。詳しくは,「一般的な管理」でご確認ください。

リンク:一般的な管理

循環式浴槽の管理

ろ過器などの設備はレジオネラ属菌が繁殖しやすいため、定期的な消毒や、レジオネラ属菌の検査など、循環式浴槽の管理方法について基準を設けました。詳しくは,「循環式浴槽の管理」でご確認ください。

リンク:循環式浴槽の管理

防止対策の啓発

レジオネラ属菌は、自然環境中に広く存在する菌ですので、日々の衛生管理の啓発について規定しました。詳しくは,「防止対策の啓発」でご確認ください。

リンク:防止対策の啓発

入浴施設の構造設備基準

レジオネラ症の防止対策の重要なポイントは、適切な衛生管理ですが、感染の機会を低減させるため、あるいは、営業後の衛生管理をし易くするための構造設備の基準を規定しました。詳しくは,「入浴施設の構造設備基準」でご確認ください。

リンク:入浴施設の構造設備基準

 


担当課:衛生課
電話:0296-24-3913
Eメール:chikuho02@pref.ibaraki.lg.jp

 

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部筑西保健所衛生課

茨城県筑西市甲114

電話番号:0296-24-3911

FAX番号:0296-24-3928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?