ここから本文です。

更新日:2019年5月15日

インフルエンザ予防

インフルエンザを予防する方法

帰宅時の手洗い、うがい、アルコール製剤による手指衛生

咽頭粘膜や手指など身体に付着したインフルエンザウイルスを取り除きます。

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなりますので、

外出時にはマスクをしたり、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。

十分な休養と栄養摂取

身体の抵抗力を高めるために日ごろから十分な休養と栄養摂取を心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控えること、外出時のマスク着用

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を持っている人、疲労気味、睡眠不足の人は、

人混みや繁華街への外出を控えましょう。外出時のマスクの着用も効果があります。

流行前のワクチン接種

インフルエンザにかかった場合の対応

早めに医療機関を受診して治療を受けましょう。

安静にして、休養をとりましょう。

水分を十分に補給しましょう。

周りの方へうつさないために、マスクを着用しましょう。

参考情報

インフルエンザの情報(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

担当:保健指導課

電話:0296-24-3965(ダイヤルイン)

FAX番号:0296-24-3928

chikuho05@pref.ibaraki.lg.jp

 


 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部筑西保健所保健指導課

茨城県筑西市甲114

電話番号:0296-24-3965

FAX番号:0296-24-3928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?